肌への刺激が強そうで心配・・敏感肌でもアカスリできる?

敏感肌でもアカスリ(垢すり)できる?

アカスリ』といえば、お隣・韓国ではメジャーな美容健康法です。 日本でもアカスリをしている人が多くいます。

しかし、気になるのは肌の負担です。アカスリは敏感肌でも大丈夫なのでしょうか?詳しく見てみましょう!

アカスリとは

アカスリとは、韓国で生まれた美容健康法のひとつです。

入浴し、垢を柔らかくした後、アカスリタオルやミトンで一気に垢を落とします。垢がボロボロと落ちていくのが快感で、ハマる人が続出しています。

アカスリのメリット

アカスリの魅力とは、具体的にどのようなものなのでしょう?まずはアカスリのメリットを見てみましょう。

アカスリのメリット
  • 肌がスベスベになる
  • …ゴワついた古い角質細胞(垢)が取り除かれることにより、肌がスベスベになります。また、体の毛穴詰まりにも効果的です。

  • 体臭予防になる
  • …『皮脂の酸化』は体臭のひとつの原因です。アカスリにより、体臭の原因となる皮脂も取り除くことができます。

  • マッサージと同じような効果がある
  • …アカスリにはマッサージと同じような効果があります。血行促進されるとともに、新陳代謝もよくなります。さらに、リラックス効果もあります。

アカスリのデメリット

魅力的なアカスリですが、デメリットもあります。このデメリット、敏感肌さんだからこそ、知っておきたいことばかりです。

アカスリのデメリット
  • 現役の角質まで剥がす
  • …肌の一番外側の層は『角質層』です。角質層は角質細胞が何層にも重なってできており、肌を外部刺激(紫外線や花粉など)から守る役割があります。そのため、角質層は肌のバリア機能と呼ばれています。

    敏感肌さんの場合は角質層自体が弱く薄いのが特徴です。 アカスリをすると、古い角質細胞だけでなく、今まさに肌を守っている現役の角質細胞まで剥がれてしまいます。

  • 色素沈着につながる
  • …アカスリによる刺激は、肌内部に炎症を起こします。その炎症が『メラノサイト』という物質を刺激。刺激されたメラノサイトは、『メラニン色素』という色のついた物質を過剰発生し、色素沈着を起こします。

  • 常在菌がいなくなる
  • …私たちの皮膚には『皮膚常在菌』が存在し、この皮膚常在菌も外部刺激から肌を守っています。

    しかし、アカスリは皮膚常在菌も擦り取ってしまいます。その結果、肌自体の防御力がさらに低下してしまいます。(皮膚常在菌について詳しく知りたい人は、別ページ『皮膚常在菌を育てよう』をご覧ください♪)

  • 皮脂を取り除きすぎる
  • …肌のテカリや、体臭の原因にもなる皮脂。悪いイメージがあるかもしれませんが、皮脂は肌の健康を保つために必要です。

    【皮脂の役割】
    ・肌表面を覆う薄い膜となり、肌内部の水分が過剰に蒸発するのを防ぐ。

    ・肌を弱酸性に保ち、肌に悪影響を及ぼす細菌の増殖を抑える。

    ・肌を守っている皮膚常在菌の栄養になる。

    アカスリは、この皮脂を取り除きすぎてしまうので要注意です。

アカスリにはデメリットがいっぱいです。とくに肌の弱い敏感肌さんの場合、アカスリによる肌のダメージは『大』です。

どうしてもしたい場合は…

どうしてもアカスリをしたい場合は、月1回程度に抑え、いずれは脱・アカスリをしましょう。また、アカスリは正しい方法で行わないと、肌への負担がさらに大きくなります。

アカスリの正しいやり方
  1. 約40℃のお湯に10分~15分程度浸かります。
  2. アカスリタオルを使い、毛の流れに沿ってやさしく体を洗います。同じ場所を何度も洗うのはNGです。石けんやボディソープは使用しません。
  3. アカスリによって出た垢をシャワーで洗い流します。
  4. アカスリ後は必ず肌を保湿しましょう。(敏感肌さんが使いたいボディローションやボディクリームについては、『敏感肌のボディケア』をご覧下さい。)

アカスリタオルの多くは、レーヨン製でかなり刺激が強いです。

敏感肌さんの場合は、シルク製のアカスリタオルを使用しましょう。シルクは人間の肌と同じタンパク質が主成分です。そのため、刺激をあまり感じることなく、肌をやさしく洗うことができます。(シルクアレルギーの人は、使用を控えてください。)

お店や銭湯などで、人にアカスリをしてもらう場合は力加減を弱めにしてもらい、できるだけ肌の負担を軽くしましょう。

敏感肌さんにオススメのアカスリタオル♪

四つ葉のシルク垢すりタオル

四つ葉のシルク垢すりタオル

肌への負担が少ないシルクのアカスリタオルです。上質な春繭から取れる貴重なシルクで作られています。

肌触りがとても滑らかでやさしいのが特徴♪どうしてもアカスリがしたい敏感肌さんにオススメです。

詳しくはこちら

敏感肌をいたわろう(まとめ)

垢がごっそりとれ、爽快感すら覚えるアカスリ。

しかし、アカスリによる肌への負担は大きく、敏感肌にダメージを与えます。最悪の場合は、敏感肌がさらに悪化してしまうので、かなり注意が必要です。

このため、敏感肌さんにアカスリはオススメできません。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他