お風呂orシャワー?敏感肌さんにピッタリの入浴方法

敏感肌の入浴方法

肌の赤みやかゆみ・ほてり・ブツブツなど、敏感肌の方は様々な肌トラブルと日々向き合っています。少しの刺激で症状が悪化しやすい敏感肌さんだからこそ、正しい入浴方法を知り、きちんと身体の汚れを落とすことが大切です。

お風呂とシャワーのどちらが肌に優しいのか?一日に何度もシャワーを浴びてもいい?など、敏感肌さんが気になるちょっとした疑問にもお答えします!

肌にも身体にもいい“お風呂”

一日の終わりにゆっくりと湯船に浸かり、身体をじっくりと温めることは肌にとっても大切なことです。身体が芯から温まることで体温が上昇、血液循環・新陳代謝の促進、発汗による不要な老廃物の排出などの効果が期待できます。

また、湯船に浸かると角質層全体が水分を含んで柔らかくなり、汚れが落ちやすくなるというメリットもあります。また自律神経を整えてぐっすりと睡眠をとることもでき、敏感肌の原因のひとつであるストレスを緩和します。

心身ともにリラックスでき、代謝を高めるお風呂は、敏感肌の方にとってもベストな入浴法といえます。では、手軽なシャワーはどうでしょう?

汗を流すだけならシャワーでもOK

シャワーは表面的には温まったと感じても、身体の芯は温まっておらず、身体の疲れもなかなかスッキリと取れません。しかし、汗をサッと流したいときや、時間の取れないときなどはシャワーでもOK!

また、肌のかゆみやほてりなどの敏感肌症状を緩和したいときに、一日に何度かぬるめのシャワーでサッと流すのも一つの手です。ただし、石けんやボディソープの使用は一日に1回で十分!過度の使用は、肌のバリア機能維持に必要な皮膚常在菌や皮脂膜まで洗い落とすこととなります。

また、最低でも3日に1回はゆっくりとバスタブに浸かって、シャワーでは落としきれない汚れや、日ごろの疲れをきちんと取るように心がけてくださいね。

敏感肌におすすめの入浴スタイル

敏感肌の方が、お風呂に入浴する際に必ず注意して欲しいのは、お湯の温度!ややぬるいと感じる38~40℃が適温です。熱めのお湯は、肌のバリア機能を支える保湿因子セラミドを流出させ、肌を著しく乾燥させてしまいます。また、熱めのお風呂は急激に血行を促進するため、肌に激しいかゆみを生じさせることも・・・。

ぬるめのお湯で20~30分間、みぞおちから下を湯船に付けて半身浴し、ゆっくりと時間をかけて汗をかきましょう。血行が促進され、皮膚の細胞代謝を良くすることで、敏感肌の改善にも効果を発揮します。

また、半身浴中は水分をしっかり補給することも忘れずに!冬は肩が冷えることがあるので、乾いたタオルをかけ、快適なバスタイムにしましょう♪

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他