アンダーヘアのお手入れ楽チン♪敏感肌のブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスって敏感肌でもOK?

最近、「ブラジリアンワックス」「ハイジニーナ脱毛」という言葉を目にすることが増えてきました。これは、日本でも流行し始めている、アンダーヘア全般の脱毛方法のひとつです。

ハイジニーナとは、衛生的な女性をあらわす英語なのですが、欧米でアンダーヘアを処理することは衛生の面でも当たり前と考えられ、ごく一般的に行われています。では、ブラジリアンワックスとはどんな脱毛法なのでしょうか?

ブラジリアンワックスとは

ブラジリアンワックスとは、ビキニラインなどに専用のワックス剤を塗り、上から布を貼って剥がす脱毛法のことです。

Tバック発祥の国ブラジルから由来している名前で、VゾーンやIゾーン、Oゾーンのアンダーヘアだけでなく、全身すべての脱毛が可能です。

効果は2~3週間程度で、脱毛効果を持続させるには定期的に脱毛を行わなければなりません。繰り返して行ううちに毛が細くなり、目立たなくなっていく効果もあります。

ブラジリアンワックスのメリット
  • ビキニラインからヘアがはみ出る心配がなくなる
  • 剃らないのでチクチクしない
  • 蒸れにくくなる
  • においを防ぐ
  • かぶれにくくなる

など、見た目だけじゃなく衛生的にも女性に嬉しい効果があります。

ブラジリアンワックスのデメリット

一方で、ブラジリアンワックスは肌に大きな負担をかけてしまう脱毛法なので注意が必要です。

ブラジリアンワックスによる肌への負担
  • ワックスをはがす時に角質も一緒にとれてしまう
  • 皮膚がデリケートな場所なので炎症が起こりやすい
  • 神経が過敏な場所なので痛みを感じやすい
  • 脱毛の刺激が強過ぎて内出血や腫れを起こしやすい

といったデメリットがあります。特に敏感肌は、肌トラブルが起こりやすいため、肌の調子によってはブラジリアンワックスを控えたほうがよいでしょう。

ブラジリアンワックスで起こりがちな肌トラブル

ブラジリアンワックスで起こりがちな肌トラブルには次のようなものがあります。

脱毛の刺激による炎症
毛穴周辺の赤み、かゆみ、ヒリヒリした痛み、毛穴のブツブツ、腫れ、熱を持つ、肌荒れ、内出血
脱毛の影響による肌トラブル
埋没毛、毛膿炎、色素沈着

など、脱毛時の刺激により肌トラブルを起こすことがあります。特に敏感肌は、痛みを強く感じたり肌荒れする可能性もあるので注意しましょう!

ブラジリアンワックスをする時の注意点

ブラジリアンワックスは、自宅でできる家庭用のものも市販されていますが、肌トラブルを避けるためにも、専用サロンでプロにしてもらうことをおすすめします。

また、衛生面や技術面において信頼おけるサロンを選ぶことも大切。サロンには、事前に敏感肌であることを伝えて、施術できるかどうかの相談・確認をするようにしましょう(肌の状態によっては断られる場合もあります)。

肌トラブルが起こりやすい生理前、生理中、体調の悪い時などの施術は避けたいですね。

上手に脱毛するには

肌への刺激を考えてミツロウ、パラフィンや、砂糖などの無添加のシュガーワックスを使った脱毛をおすすめします。また脱毛後には、保湿ケアを行うと炎症をしずめる効果があるので、肌にたっぷり水分を与えるようにしましょう!

また、アンダーヘアの仕上がりのデザインは選べるので、肌の弱い人はVゾーンのみ試してみるのもよいかもしれません。

信頼のおけるサロンを見つけ、ブラジリアンワックスの効果をぜひ体験してみてくださいね。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他