水仕事の際は要注意!絶対知っておきたい敏感肌の手荒れ対策

敏感肌のハンドケア

主婦や水仕事をしている人には切実な悩みである「手荒れ」。健康肌の方は空気の乾燥する冬に起こりやすいのですが、敏感肌の場合は一年を通して起こりやすいので丁寧なお手入れが必要です。

軽い手荒れなら自然に治りやすいのですが、放置するとかゆみだけでなく、ひび割れて痛み、出血を伴うようになりとても辛いですよね。手荒れを防ぐ対策を身につけ、スベスベで美しい手をキープしましょう!

なぜ手は荒れやすい?

体の中でもダントツに肌荒れしやすいのが手。実は手が荒れやすい理由はこんなに揃っているんです!

  • 皮脂腺が少ないので肌のバリア機能が弱い
  • 手洗いのたびに水でうるおいが奪われてしまう
  • 化学的な刺激(洗剤・石けんなど)や、物理的な刺激(紙・布のまさつ)を受け続けている
  • 乾燥した空気や紫外線にさらされることが多い
  • 冬は空気の乾燥、新陳代謝の低下、お湯の使用が重なって手荒れしやすくなる

手荒れを防ぐ手洗いとは

手荒れの大きな原因になりがちなのが、日常的に行っている手洗いです。しかし、衛生上手荒れが気になっても手洗いを省くわけにはいきません。なるべく手荒れが起こらないように手を清潔にすることが大切ですね。

  • 手洗いは水かぬるま湯で!石鹸はマイルドな洗浄力のものを使用する
  • 汚れの溜まりやすい指の間、手首、爪の先は重点的に、それ以外はごしごしこすらない
  • 洗剤が残らないように十分にすすぐ
  • 手洗い後はハンドドライヤーの風ではなく、ハンカチやタオルで優しく水気を取る
  • すぐにハンドクリームなどの保湿剤を塗る

刺激の強い物に対しては?

薬剤など刺激の強い物
ゴム手袋を使うなどしてなるべく素手で触らないようにする
シャンプーや洗顔石鹸
出来る限り低刺激な物を選び、場合によっては使い捨ての手袋をして洗うようにする
アルコール
皮脂を蒸発させ、強い乾燥を引き起こすので、敏感肌の方はやむを得ない場合以外には素手で使用しない

家事をする時は?

台所仕事や拭き掃除は手を酷使します。洗剤には界面活性剤が多く含まれていて皮脂まで一緒に洗い流してしまうので、次のような対策を心がけましょう。

  • 水かぬるま湯を使用する
  • ゴム手袋を使う、または事前に水をはじくハンドクリームでコーティングする
  • 洗剤はなるべく少量で
  • 手に洗剤成分が残らないようにする
  • 家事の後はハンドクリームで丁寧に保湿する

敏感肌におすすめのハンドケア

グリセリン、ホホバオイル、スクワランオイル、ワセリンが無添加で良質なので敏感肌のハンドケアにおすすめ。また、敏感肌用のもの、保湿成分のセラミドやビタミンEが配合されたもの、抗炎症作用のある薬用タイプを選ぶと、より安心です。

日中にこまめに塗り、さらにおやすみ前にはハンドクリームを塗ってからシルクやコットン製の手袋をすると重点的にケアすることができますよ!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他