季節ごとの正しいボディケアで敏感肌を克服してみませんか?

季節別のボディケア

日本にははっきりした四季があるため、気候の変化によって、体調に影響を受けがちです。気温、湿度、気圧の変化は自律神経に影響を与えて、体調だけでなく肌にもストレスを与えます。

特に、敏感肌の方は、季節の影響を受けやすいので季節に合ったボディケアを心がけるようにしたいですね!

最も肌荒れしやすい「冬」

冬は一年の中で最も肌荒れが起こりやすい季節。その原因は気温の低さと空気の乾燥です。冬は肌の水分と油分が不足しやすく、肌のバリア機能低下を引き起こしがち。普段は敏感肌でない人でも、乾燥性敏感肌を引き起こすことがあります。

肌の水分が不足する原因は、空気が乾燥しているので自然と水分が蒸発していく上に、エアコンなどの使用により、さらに肌の水分が奪われていくためです。油分が不足する原因は、気温が低いため新陳代謝が低下し、皮脂の分泌が少なくなってしまうからです。

冬の敏感肌は次のようなボディケアを心がけましょう。
  • 保湿力の高い化粧品で肌を保湿する(セラミドを補う製品がオススメ)
  • 皮脂を奪うので熱いお風呂やシャワーを避ける
  • 洗浄力のマイルドな石けんで体を優しく洗うようにする
  • 肌に刺激の少ない肌着を着る(綿素材など)
  • 部屋を加湿する

敏感肌の敵・紫外線が強い「夏」

夏は高温多湿で、一年の中で最も肌が乾燥しにくい季節です。皮脂の分泌が活発で、肌の表面が潤いやすく、加えて汗をたくさんかくので乾燥することが少なくなるからです。

ただし、夏は紫外線の量が一年の中で最も多い季節なので要注意!!紫外線は敏感肌の大敵。紫外線を浴びると炎症が起こったり乾燥が進んでしまうことがあります。また冷房で意外に肌が乾燥することがあるので、夏でも保湿ケアを怠ってはいけません。

夏の敏感肌は次のようなボディケアを心がけましょう。
  • 肌に優しいUVケア製品(紫外線吸収剤不使用のもの)をこまめに塗る
  • 紫外線が強い時間帯の外出を控える(10時~15時くらい)
  • 帽子や日傘を使って紫外線を避ける
  • 保湿力の高い化粧品で肌を潤す(夏はさっぱりタイプもおすすめ)
  • ビタミンやたんぱく質をとって肌の機能を高める

肌がゆらぎやすい「季節の変わり目」

季節の変わり目に敏感肌が悪化したり、一時的に敏感肌になる人も少なくありません。季節の変わり目は、自律神経やホルモンのバランスが崩れやすいため、肌も不安定になりやすいのです。

季節の変わり目のボディケア
  • 保湿力の高い化粧品で肌を保湿する
  • 洗浄力のマイルドな石鹸で適度に洗い、肌の清潔を保つ
  • 睡眠を十分にとって体の調子を整える
  • 栄養バランスの良い食事を心がけ肌の機能を高める

特に春先や秋は肌が荒れやすいので、顔のケアはもちろん体のケアも丁寧に行うようにして、敏感肌の改善に努めましょう。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他