お気に入りの香りで癒し効果も!【必読】敏感肌さんの香水選び

敏感肌の香水選び

良い香りのする人とすれ違った時、ドキッとしませんか?香水を上手に使うと、女子力が高まり、お出かけやデートがさらに楽しくなること間違いなし♪

では、肌の弱い敏感肌さんも、香水を使うことはできるのでしょうか?

香水は何でできているの?

香水は、香料(天然香料、合成香料など)、アルコール、蒸留水から作られています。その他、着色料や防腐剤が添加されることもあります。

パルファン、オードトワレ、オーデコロンなど、呼び名が色々とありますが、呼び名の違いは、香りの濃度によるものです。

敏感肌への刺激は?

香水は、敏感肌には刺激が強く、香水を肌に直につけると、かぶれやかゆみなどの炎症を起こす可能性があります。

特に注意したい成分が、香料です。

身体につける目的の香水は化粧品の一種に含まれるため、薬事法の規制対象となり、配合される香料は安全性の高いものに限られています。

香水の調合は企業秘密となっており、使われている香料の名前が製品に表記されていません。そのため、敏感肌の場合は肌がかぶれたり、赤みや発疹が出たりすることがあるので注意が必要です。

香水に含まれるアルコールは、肌にヒリつきやかぶれを起こすことがあるほか、皮脂を奪う作用があるため肌を乾燥させてしまい、敏感肌には良くありません。

さらに防腐剤や合成着色料が含まれている場合は、敏感肌を刺激する可能性もあります。

香水で起こる肌トラブルの例

香水を直に肌につけることで起こる肌トラブルには次のようなのもがあります。

接触性皮膚炎
アルコールや香料にかぶれてかゆみや赤みが起こる。
光毒性皮膚炎
光毒性のある成分が日光に当たると皮膚に赤み、かゆみ、シミを起こす可能性がある。(クマリン、リモネン)
アレルギー性皮膚炎
天然香料の中には人によってアレルゲンになるものがある。(ラベンダーなど)
化学物質過敏症
合成香料に含まれる化学的な成分に過敏に反応して、肌に炎症を起こす。

敏感肌でも使える香水はあるの?

香水の中には、アルコールフリーのものや、合成香料・合成着色料・防腐剤などを使っていないオーガニックなものもあります。人気の練り香水もアルコールが含まれておらず、香りがマイルドなので敏感肌の方にオススメです。

敏感肌の方が、香水の刺激を気にしないで使うならこんな使い方がオススメですよ!

  • ティッシュやハンカチに1プッシュ程度スプレーしたものを携帯する
  • 衣類に香りづけ(直接つけるとシミになるので香水をスプレーした布を下に敷いてアイロンがけする)
  • 髪に少しだけつける
  • ルームフレグランスとして空間に数回プッシュする

ただし、肌に優しいタイプのものでもパッチテストをして、肌に問題のないことを確認してから注意して使ってくださいね!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他