人にはなかなか聞けない女子のお悩み!敏感肌のムダ毛対策

6-005

ムダ毛処理は、女性の身だしなみとして欠かせないお手入れですよね。もちろん、敏感肌さんの中にもムダ毛に悩んでいる方はたくさんいらっしゃるはず・・・。

でも、ただでさえ肌が弱くてトラブルを起こしやすいのに、ムダ毛の処理で肌状態を悪化させたくないというのが敏感肌さんの本音・・・。そこで、一般的なムダ毛の処理方法を調べ、その中から敏感肌さんにピッタリのケアをご紹介します!

自己処理のメリット&デメリット

多くの人は、自分でムダ毛を処理していることと思います。

自己処理のメリット
  • コストがかからない
  • いつでも手軽にできる
  • 自分でできるので人に見られなくて済む
  • スピーディ といった点です。
  • しかし自己処理には、デメリットも多いです。

自己処理のデメリット
  • 処理時の刺激を強く感じやすい
  • 間違った処理法で毛穴や肌を傷めてしまいがち
  • 効果が小さい
  • 自分で処理できない箇所もある
  • 特に、敏感肌の人には大きなダメージとなる可能性もあるので注意が必要です。

敏感肌にピッタリのムダ毛処理法とは?

ムダ毛の処理方法には様々な種類があります。一般的にはカミソリや、毛抜き、脱毛クリームなどでの自己処理が知られていますが、敏感肌さんにピッタリの肌に優しい方法は何なんでしょうか?処理方法ごとに比較してみました!

カミソリ
  • 手軽にできる
  • すぐ生えてくる
  • 角質を削って肌のバリア機能を破壊してしまう
  • カミソリ負け(ヒリヒリ、赤み、かぶれ)を起こしやすい

簡単でコストがかからないので、カミソリで自己処理をする女性が多いですが、肌のバリア機能まで削ってしまうので、敏感肌の人は頻繁に行ってはいけません。シェービングする時は、肌に優しいシェービング剤とカミソリを使い、保湿力の高いローション等でアフターケアをすることが大切です。

電気シェーバー
  • カミソリよりも安全性が高い
  • 慣れないと肌のまさつが増えて肌を傷めてしまう
  • 刃の切れ味が悪くなっても気づきにくい
毛抜き
  • 1本ずつ抜くので手間がかかる
  • 毛穴周辺に赤み、毛穴のブツブツ、腫れを起こしやすい
  • 雑菌が入りやすく毛嚢炎を起こしやすい
  • 埋没毛になってしまうことがある
  • 毛穴に色素が沈着しやすい

お金がかからず手軽にできるのですが、トラブルを起こしやすい処理方法です。

脱毛ワックス
  • はがす時の傷みが強い
  • 毛穴に負担をかけ、赤み・毛穴のブツブツ・腫れを起こしやすい
  • 敏感肌は肌にかぶれを起こしやすい
  • 角質もはがれてしまう

専用のワックスを塗って剥がし、一気に脱毛する処理方法です。

除毛剤
  • 薬剤の刺激で肌が炎症を起こす可能性がある
  • 角質層を傷める可能性がある

薬剤を肌に直接塗ってムダ毛を溶かす処理方法。化学成分が肌に強い刺激を与える可能性があります。

抑毛剤
  • ムダ毛自体はなくならない
  • 肌に塗り続ける必要があり、人によっては肌に合わず、かぶれる場合もある

ムダ毛が生えてくるのを遅くするローション。一般には肌への刺激は少ないものです。

家庭用脱毛器
  • サロンよりも効果が少ない
  • 痛みを伴い敏感肌には強い刺激となる

サロンに行かなくて良いので、業務用脱毛器より経済的。

クリニック・サロンのムダ毛処理

クリニックやサロンではプロがシェービングエステ、フラッシュ脱毛、レーザー脱毛など専用機器でムダ毛を処理してくれます。自己処理よりコストがかかりますが、肌トラブルの心配がなく、きれいに仕上がるのが特徴です。

敏感肌向けの脱毛コースを提供しているサロンも多いので肌が弱い方でも安心です。

敏感肌におすすめのムダ毛処理方法

その中でも、フラッシュ脱毛・レーザー脱毛は、施術するたびに毛量が減っていくため、自己処理の回数自体も段々と減ります。肌への負担が大きい自己処理が少なくなるので、敏感肌さんには是非オススメしたい処理方法です。

予算や肌の調子を考慮して、まずはサロン・クリニックに気軽に相談してみてください!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他