【制汗剤って使える?】敏感肌の気になるワキの汗とにおい対処法

敏感肌と制汗剤について、写真つきでまとめてみました。

汗をかいた時に気になるのが、ワキの汗ジミやにおい。人前で汗をかくと、周囲にバレないかドキドキしてしまうことがありませんか?

そんな汗の匂いを防ぐ「制汗剤」は、お出かけ前や汗ばむ季節に欠かせないアイテム。しかし、肌がデリケートな敏感肌さんはかぶれや肌荒れを起こすことも・・。

敏感肌の方が制汗剤を使用する際には、どんなことに注意すれば良いのでしょうか?

ワキの汗とにおいの仕組み

皮膚には「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2種類の汗腺があります。

全身に分布する「エクリン腺」から分泌される汗は、無色透明でにおいはありません。しかし、汗に含まれる皮脂や老廃物が、皮膚常在菌によって分解され、腐敗することで嫌なにおいが発生します。

また、ワキの下などの特定部分にだけ分布する「アポクリン腺」は、粘り気のある白い濁った汗を分泌します。この汗は、たんぱく質を多く含むため、微生物の作用を受けやすく、強いにおいを発生させます。

制汗剤の役割とは?

制汗剤には、汗ジミやにおいを抑制、また、汗の分泌を防ぐ目的があります。そして、汗が出ないようにするためには

  • 収れん剤で汗に含まれるタンパク質を固めて汗腺の出口をふさぐ
  • パウダーで汗や皮脂を吸着する
  • といった仕組みが用いられます。

また、デオドラントタイプの制汗剤には汗の分泌を減らす以外にも次の効果があります。

  • 抗菌剤や殺菌剤で雑菌の繁殖を抑制する
  • 香料でいやなにおいを隠す
  • といった消臭効果もプラスされています。

効果の高い制汗剤もあるのですが、これらの成分の中には敏感肌には刺激の強いものもあるので、選ぶ時には製品情報をよくチェックして肌にやさしいものを見つけましょう。

敏感肌が避けたい制汗剤の成分

市販の制汗剤に含まれる有効成分で敏感肌には刺激になる可能性があるものを挙げておきます。

収れん剤
フェノールスルホン酸亜鉛・塩化アルミニウム・乾燥硫酸アルミニウムカリウム(焼ミョウバン)など。
特に、病院で処方されることもある塩化アルミニウム水溶液は、皮膚への刺激が強く、敏感肌にはおすすめできません。焼きミョウバンは、ワキガの民間療法に使われることもあり、一見肌にやさしそうなイメージがありますが、敏感肌の方はかぶれる可能性があります。
防腐剤
BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)、パラベンなど
抗菌剤
塩化ベンザルコニウム・イソプロピルメチルフェノール・トリクロサン・PG(プロピレングリコール)など。
これらの抗菌成分は、抗菌石けんや化粧品にもよく配合されている成分ですが、敏感肌には刺激となる可能性があります。

制汗剤でどんな肌トラブルが起こる?

制汗剤を使うと、実際にどんな肌トラブルが起こりやすいのでしょうか?

接触性皮膚炎(かぶれ)
皮膚を刺激する成分がわずかでも入っていると、敏感肌にはかゆみ、赤み、発疹、水ぶくれ、ヒリヒリした痛みなどの炎症が起こることがあります。特に塩化アルミニウムは、強い痛みを引き起こすこともあるので注意が必要です。
肌荒れの悪化
ムダ毛処理などで元々荒れている肌に、制汗剤を使うことで肌荒れがさらに悪化。
汗と薬剤が混ざってかぶれる
汗と薬剤が混ざると皮膚を刺激すること場合があります。
ワキの黒ずみ
刺激と炎症を繰り返した結果、色素が沈着してしまいます。

敏感肌が制汗剤を選ぶなら

敏感肌さんが制汗剤をす買う際は、下記のようなものを選ぶようにしましょう。

  • 無添加、無香料
  • アルミニウムフリー
  • 柿渋エキスなど植物性の消臭成分が配合されたもの
  • 直塗りではなくスプレー、クリーム、シートタイプのもの
  • 保湿効果のあるもの
  • などがオススメです。

制汗剤は、汗をかく前の清潔な肌につけるようにすると制汗効果が高まり、かぶれも防ぎます。

また、制汗剤だけに頼るのではなく、消臭下着、衣類の消臭スプレー、ワキ汗パッドなどを併用して、制汗剤の使用をなるべく抑えることも肌の為だといえますね。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他