頑張る主婦のツラ~イ手荒れにどう挑む?敏感肌の手湿疹対策

敏感肌の手湿疹

手は身体の中で最も荒れやすい場所です。敏感肌の方なら、なおさら手荒れが起こりやすく、症状もひどくなりがち・・・。

手荒れの代表的なものに「手湿疹」があります。手湿疹は一度なってしまうと治りにくいのでとても厄介です。敏感肌の方は、どのようなことに注意すればよいのでしょうか?

手湿疹とは

手湿疹は、主婦の手に起こりやすいために「主婦湿疹」とも呼ばれ、正式には「進行性指掌角皮症(しんこうせいししょうかくひひょう)」という病名になります。

水仕事などで手肌の脂質が減少し、バリア機能が低下。そこに、さまざまな刺激が加わって湿疹などの炎症を起こす皮膚炎のことです。

早めにケアしないと、症状はどんどん進んでいくので注意が必要です。

  • 軽度…かさつき、軽いひび
  • 中度…乾燥、ひび、かゆみ
  • 重度…ひび割れ、鱗屑(皮膚がはがれ落ちる)、出血、腫れ、赤み、水疱、じゅくじゅく

重度まで進むと手を動かしただけで激痛が起こるなど、辛い思いをする方も出てきます。

手湿疹の原因

「肌のバリア機能が低下しやすい」+「刺激を受けやすい」という2つの条件がそろっているため、手湿疹が起こってしまいます。

肌のバリア機能が低下しやすい理由
  • もともと手肌には皮脂の分泌が少ない
  • 一日に何度も手を洗うので皮脂が洗い流されやすい
  • 石けんや洗剤を使うことで皮脂が奪われやすい
  • 加齢や気温による肌の新陳代謝の低下
刺激を受けやすい理由
  • 物理的な刺激を頻繁に受ける(物を持つ、触れるなど)
  • 化学的な刺激(洗剤、薬剤など)

私達の手は1日中休むことなくこれらの原因に接していなければならないため、手湿疹になりやすいんですね。

敏感肌と手湿疹

特に敏感肌の方は、もともと手肌のバリア機能が低下しがちなため、通常の方よりも手湿疹になりやすい傾向があります。

手湿疹は、特に冬に多く起こりがちで冬以外はなんともないという方が多いのですが、肌のバリア機能が低下している敏感肌の場合は、季節に関係なく手湿疹になってしまうこともあります。

手湿疹を防ぐために接触を避けたい物

手湿疹の原因となる刺激物は、日常生活の中にたくさんあります。

手湿疹の原因となる刺激物
  • 石けん
  • 界面活性剤を含むもの(食器用所や掃除用など各種洗剤、シャンプー、コンディショナー、ボディソープなど)
  • 紙、インク(書類やお札)
  • 衣類
  • セロハンテープ
  • ゴム製品

敏感肌の方は、極力これらの刺激物が直に手に触れないようにすることをオススメしますが、生活上使用を控えることが難しい物ばかりなので、手袋(ゴム手袋、使い捨てポリエチレン手袋、軍手など)を使って扱うようにしてくださいね。

どうしても手袋の使用が難しい場合は、手肌に白色ワセリンを薄く伸ばしてすり込み、皮膚に膜を作ってから作業するのも効果があります。

手湿疹になってしまったら

常日頃から手肌の保湿を心がけ、肌のバリア機能の低下を防いでおくことが第一ですが、手湿疹になってしまったら症状に合わせた対処が必要です。

かさついている状態
こまめに白色ワセリンかハンドクリームで保湿する
かゆみや水疱がある
冷やしたおしぼりなどで冷やしてからハンドクリームか皮膚用外用薬を塗る
じゅくじゅくしている
水疱がつぶれてじゅくじゅくしている場合には皮膚科を受診してステロイド軟膏を処方してもらう。

ハンドクリームは、合成界面活性剤や尿素が配合されていないものを選んでください。(尿素系は刺激が強く、しみるため)また手湿疹は、症状が一旦改善されても繰り返しやすいので、ケアは続けるようにしましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他