素肌力を底上げする「アミノ酸」で敏感肌を改善しよう!

敏感肌とアミノ酸

肌にふっくらハリのある朝は、メイクのノリもよく、1日気分よく過ごせそうな気がします。女性にとって、肌の調子はそれくらい大事ですよね。

肌の調子を内側から底上げするのに欠かせない成分が「アミノ酸」です。アミノ酸を効率よく摂取して、肌荒れや乾燥からお肌を守りましょう。

たんぱく質の構成物質「アミノ酸」

私達の肌は、一枚の膜のように見えますが、実際は、外側から表皮、真皮、皮下組織の3つの層から構成されています。このうち、肌状態に大きく関与してくるのが表皮と真皮。スキンケアは、表皮と真皮に働きかけることを目的としています。

表皮を作る角質細胞も、真皮を支えるコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンも、すべてたんぱく質の一種です。

そして、このたんぱく質を構成しているのがアミノ酸。何種類ものアミノ酸が連なり、その結合の仕方を変えることによって、様々なたんぱく質を形成しているのです。

角質層に働きかけて健康な肌を保つ

健康な肌は、表皮の一番上にある角質層がバリアの役割をして、外からの刺激をブロックし、肌内部の水分が蒸発するのを防いでくれます。

このバリア機能の整った健康な肌を手に入れるためには、ターンオーバーの正常化が欠かせません。新しい肌細胞を生成し、古くなった角質を取り除き、ターンオーバーを正しいサイクルへと導く役目を持っているのがアミノ酸です。

また、角質層内で水分を保持する天然保湿因子(NMF)の主成分もアミノ酸です。天然保湿因子が角質層内に十分満たされていると肌はうるおいを保ち、肌の乾燥を防ぎます。

アミノ酸の不足は、肌のバリア機能を弱め、乾燥肌の原因となります。敏感肌で悩む方にとって、アミノ酸は必須の栄養素なのです。

アミノ酸を効率よく摂取しよう

アミノ酸は、肉や魚・野菜・穀物など、様々な食品にいろいろな形で含まれています。中でもアミノ酸の含有量に優れているのが、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品です。

これらの食品をバランスよく食べることが、多様なアミノ酸をバランスよく摂取するポイントとなります。

また、ビタミン類と一緒に摂取することで、アミノ酸の効果はより高められます。特にビタミンB6は、アミノ酸の代謝を助ける働きがあるので、意識して取りたいビタミンですね。

毎日の食事でアミノ酸を摂るのが一番ですが、食事内容が偏ったり、ダイエットで脂質や糖質の摂取を控えたい時などは、サプリメントやドリンク剤の利用をおすすめします。

敏感肌の原因も、もしかしたらアミノ酸不足にあるかもしれません。サプリメント等で足りないアミノ酸を補ってあげましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他