内側から輝く肌を作りたい!敏感肌の美肌に欠かせない栄養素

敏感肌が摂りたい栄養素

健やかな肌を作るには、外側からのケアだけでは難しいもの。敏感に傾いている肌を正常に戻すには、必要な栄養素が充分肌に届くことが大切です。

お肌が喜ぶ栄養素を覚えて、内側からのスキンケアに生かしましょう。

肌を作る主成分はタンパク質

タンパク質、脂質、糖質の三大栄養素に、ビタミンとミネラルを加えたものを五大栄養素と呼びます。これらの栄養素が柱となって、私たちの体を支え、調子を整えてくれます。美肌のためには五大栄養素をバランスよく摂取する必要があります。

特に、タンパク質は肌の主成分になる、なくてはならない栄養素です。タンパク質はいくつかのアミノ酸がつながって構成されており、角質層や表皮層、真皮層、皮下組織といった肌のあらゆる部分で、タンパク質とアミノ酸が活躍しています。

肌のうるおいを保つコラーゲンもタンパク質のひとつ。みずみずしい健康的な肌を作るのに、タンパク質は欠かせない成分です。

亜鉛でターンオーバーを正常化

ミネラルの中でも特に意識して取りたいのが亜鉛です。

亜鉛には、肌のターンオーバーを正常化し、肌の生まれ変わりを促す効果があります。健康で美しい肌を手に入れるためには、ターンオーバーがきちんと一定のサイクルで行われていることが大切。亜鉛を摂取することで、ターンオーバーを整えてあげましょう。

また、亜鉛はビタミンCと協力してコラーゲンを生成します。乾燥肌に傾きがちな時は、ビタミンCと亜鉛を一緒に取ることで乾燥を防いでくれます。

美肌に欠かせないビタミン

美肌と言えばビタミンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。実際、ビタミン類には美肌成分がたくさん含まれています。

ビタミンA
皮膚細胞の働きを正常化し、肌が本来持つ美しさを引き出す作用を持つのがビタミンAです。肌の土台となる真皮に働きかけ、ハリの源である線維芽細胞を活性化します。
ビタミンB群
皮脂の分泌を抑え、ニキビや吹き出物を防ぐビタミンB2と、皮膚の陳新代謝を助け、カサつきを予防するビタミンB6の効果で、美容ビタミンと呼ばれるほど美肌効果が期待できます。
ビタミンC
メラニンの生成を抑え、分解する、美白効果の高いビタミンです。更に、紫外線による影響で発生する活性酸素を取り除き、肌細胞がダメージを受けるのを防ぎます。
ビタミンE
血流促進、ホルモンバランスの調整など様々な働きをするビタミンE。高い抗酸化力をもち、肌の老化を防いでくれます。また、肌のバリア機能を高める効果があるので、敏感肌の方は特に積極的に摂取することをオススメします。

ビタミンは単体で摂るよりも、組み合わせて取ることで相乗効果が期待できます。バランス良くビタミンを摂るように心がけましょう。

食事の補助としてサプリメントの利用を!

毎日の食事からこれらの栄養素を取るのが理想ですが、バランスよく摂取するのはなかなか難しいもの。不足しがちな栄養素は、サプリメントや美容ドリンクなどで補給するのもひとつの方法です。

ただし、ビタミンサプリなどは、野菜などの天然のビタミンにくらべると体内での吸収率が低くなります。サプリメントはあくまで補助的な役割を果たすものとして利用するようにしましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他