身体の内側から肌改善!ビタミンの効果で目指せ「脱・敏感肌」

敏感肌に効果的なビタミン

美肌に効果的な栄養素と言えばビタミンを連想する方が多いと思いますが、ビタミンに関する知識は意外と偏りがち・・。

肌荒れの防止や、美肌に必要とされる代表的なビタミンについて、それぞれの特性をご紹介します。正しい知識を身につけて、美しく健康な肌作りに役立てましょう!

肌を丈夫にして免疫機能を高めるビタミンA

ビタミンAには、上皮細胞の新陳代謝を活性化して、免疫機能を高める働きがあります。身体の表面を覆う皮膚も上皮細胞のひとつ。皮膚や粘膜を丈夫にすることで、外部からの病原菌やウイルスの侵入を防いでくれます。

肌のバリア機能が低下している時には、欠かさず取りたい脂溶性ビタミンのひとつです。

ビタミンAを多く含む食品には次のようなものがあります。
レバー、うなぎ、卵、乳製品、緑黄色野菜 など。

皮脂の分泌をコントロールするビタミンB2

水溶性ビタミンのひとつである、ビタミンB2。脂質の代謝を促して、効率よくエネルギーに変換する効果を持ち、皮膚や粘膜の健康維持をサポートしています。

皮脂の分泌を抑える作用があるので、ニキビの改善にも役立ちます。脂性肌の人は、毎日の食事に積極的に取り入れましょう。

ビタミンB2を多く含む食品には次のようなものがあります。
レバー、うなぎ、納豆、卵、乳製品、葉菜類 など。

肌を作るたんぱく質の代謝に欠かせないビタミンB6

ビタミンB6は水溶性ビタミンのひとつで、アミノ酸とたんぱく質の代謝に深く関わっています。特に皮膚細胞への影響が大きく、健康な皮膚を作り、その成長を促します。

また、ビタミンB2同様、皮脂の分泌をコントロールする働きがあるので、ニキビや吹き出物に悩まされている人はビタミンB2・B6の不足を疑ってみましょう。

ビタミンB6を多く含む食品には次のようなものがあります。
レバー、赤身の魚、大豆製品、バナナ、ピスタチオ など。

弾力のある美肌を目指すならビタミンC

美容効果の高い栄養素としてお馴染みのビタミンC。真皮の主成分となるコラーゲンを生成することで肌を強くし、免疫力を高めてくれます。

また、メラニン色素の生成を抑制して、シミやそばかすを予防します。肌荒れの原因となる活性酸素を除去する作用も持つ、美容効果の高い水溶性ビタミンです。

ビタミンCを多く含む食品には次のようなものがあります。
赤ピーマン、ブロッコリー、カリフラワー、柑橘類、イチゴ など。

アンチエイジング効果の高いビタミンE

肌の老化を進め、シミやくすみの原因となる活性酸素。ビタミンEは、この活性酸素から肌を守る抗酸化効果の高い成分です。

同じ抗酸化作用を持つビタミンCと一緒に取ることで、より高い効果が期待できます。血行を促進し、肌の新陳代謝の活性化にも力を発揮する、脂溶性ビタミンのひとつです。

ビタミンEを多く含む食品には次のようなものがあります。
ナッツ類、うなぎ、魚卵類、抹茶、植物油 など。

バランスの良い食事で健康的な肌へ!

ビタミンは、体をスムーズに動かすために欠かせない、潤滑油のような働きをしています。それだけではなく、お肌の調子を整えるために欠かすことができない栄養素。

しかしそのほとんどは、体内で生成できません。毎日の食事からしっかりとビタミンを摂取することを心がけ、敏感肌改善へ繋げていきましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他