トラブル知らずの健康美肌へ!敏感肌に良い食事とは?

敏感肌に良い食事

敏感肌のケアと言うと、すぐに思い浮かぶのが敏感肌用の化粧品やスキンケア方法ですよね。でも、美しい肌は体の内側から作られています。食事を見直すことで、敏感肌のトラブルも軽減されるはず。

敏感肌に欠かせない「ビタミンA」「ビタミンC」「たんぱく質」の三大栄養素のバランスを意識して、毎日の食生活を見直してみましょう。

緑黄色野菜でビタミンAを

ビタミンAは、肌の潤いを守り、肌や粘膜を丈夫にしてくれる栄養素です。また、肌のターンオーバーを促進する働きがあり、肌が本来持つ美しさを引き出します。

ビタミンAが多く含まれている食品は、レバー、うなぎ、卵黄、にんじん、ほうれん草、海苔、バターなど。摂取量の目安は緑黄色野菜を一日100g以上食べることです。

一日100gというと結構な量に感じますが、カボチャの煮物は一皿でおおよそ100g。少し意識するだけで取れる分量ではないでしょうか。

また、ビタミンAは取りだめできる栄養素です。外食が続いて食事が偏った時などは、週末にまとめてたくさん取り入れてください。

緑黄色野菜は、加熱調理することでビタミンAが増加します。蒸す、茹でるなどの調理方法での摂取がオススメです。

じゃがいもにもビタミンC

水溶性ビタミンのひとつ、ビタミンCはお肌の弾力を担うコラーゲンを作るのに欠かせません。また、シミの元になるメラニンの生成を防ぐ働きもあり、美白効果が期待できます。

ビタミンCは、柿やキウイ、いちご、ブロッコリーやパプリカといった緑黄色野菜から取ることができます。また、意外なことにじゃがいもやさつまいもにも多く含まれており、単色野菜なら一日200gが目標摂取量です。

必要以上に摂取した場合、尿として排せつされてしまうため、毎日少しづつ取ることを心がけましょう。

また、ビタミンCには熱に弱い性質があるため、生で摂取するのがオススメです。加熱する場合は、短時間の調理で済むよう工夫をしてください。

ただし、芋類に関しては比較的熱に強く、蒸したりレンジで調理してもビタミンCが損なわれにくいという特性があります。生で食べるもの、加熱して食べるものを上手に組み合わせて、効率よくビタミンCをとりましょう。

肌の主成分たんぱく質

肌細胞はたんぱく質によって作られています。たんぱく質の不足は、ターンオーバーの遅れを招き、肌の乾燥やむくみの原因になります。毎日適量を取ることで、代謝をあげましょう。

たんぱく質を多く含む食品は、魚介類、肉類、大豆製品、乳製品など。1度の食事で赤身の肉や魚を50~60g程度。これにプラスして、一日に卵1個と牛乳1杯が摂取の最低ラインと考えてください。

カロリーが気になる場合は、鶏のささみや豚のもも肉などを選ぶこと、蒸す、茹でるなど、脂を落とす調理法を心がけることでカロリーダウンできます。

いくら敏感肌によい食べ物といっても、こればかり食べていては健康な肌は望めません。三大栄養素を含んだバランスのよい食事で、乾燥知らず、肌荒れ知らずのすこやかな肌を目指しましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他