原因物質を特定して今すぐ改善!敏感肌とアレルギーの関係性

敏感肌とアレルギー

近頃、アレルギーという言葉をよく耳にしませんか?アレルギーには花粉症、食品アレルギー、アトピー性皮膚炎などがあり、様々な症状に悩んでいる方が多くいらっしゃいます。

アレルギーというのは、特定のアレルギー物質に触れたり、体内に入ったりすると過敏に反応し、炎症を起こしてしまう反応のことで、原因は人それぞれです。

肌にアレルギー反応を起こすと、かゆみや赤みなどの炎症が起こります。肌に炎症が起こる場合、敏感肌も原因に考えられますが、もしかすると単なる敏感肌ではなくアレルギーのせいということもあるので注意が必要です。

アレルギー反応のメカニズム

アレルギー反応は、特定の物質に対して、体の免疫機能が過剰に反応するために起こります。免疫機能というのは、体に入って来る有害な物質を排除して体を守るための機能です。

しかし、中には有害でない特定の物質にまで反応してしまう、特異体質の方がいます。これがアレルギー体質です。アレルギーの原因物質に過剰に反応して免疫機能が自分の体に向けて攻撃を行ってしまうことで、さまざまな炎症が起こるのです。

肌のアレルギーの引き金は?

アレルギー体質の方が、原因物質に接触することで肌にアレルギー反応が起こります。例えば、その方にとってアレルギーの原因になる成分が配合された化粧品を肌につけると、赤みやヒリヒリなどの炎症が起こってしまいます。

また、アレルギーの原因物質を、口や鼻から体内に取り込んだ時に、肌にじんましん、かゆみ、腫れが起こることもあります。原因として多いのは食品、ハウスダスト、花粉、ペットの毛やフケなどが挙げられます。

敏感肌とアレルギーは違う?

肌のアレルギー反応も敏感肌の炎症も症状は似ていますが、敏感肌とアレルギーは全く違うものです。

敏感肌は、アレルギーの有無に関係なく誰でもなる可能性のある肌質です。肌の乾燥によるバリア機能の低下が主な原因で、ちょっとした刺激にも過敏に反応してしまいます。

アレルギーは、アレルギー体質の方が原因物質に触れる時だけに起こる反応。原因物質さえ避ければ、肌の炎症を回避することが可能です。

アレルギー体質の方は、敏感肌でなくてもアレルギー反応は起こしますが、敏感肌を併発してしまうと、アレルギー反応を起こした時の炎症が重症化しやすいので注意が必要です。肌のジュクジュクや強いかゆみを伴う、アトピー性皮膚炎もそのひとつです。

アレルギーの対策方法

肌トラブルの原因にアレルギーが潜んでいる場合は、専門機関で検査をしてアレルギーの治療をきちんと受けなければ治りません。もし肌に疑わしい炎症が起こった場合は、皮膚科を受診して、アレルギー検査を受けることをおすすめします。

アレルギーが見つからなかった場合は、単なる敏感肌の可能性が高いです。スキンケアや生活習慣を見直して敏感肌の改善に努めましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他