こっそり教えます!敏感肌の原因にもなるインナードライ解消法

敏感肌とインナードライ

「インナードライ」という用語をご存知ですか?これは肌の内側が乾燥している状態のことです。肌の乾燥と聞くと「乾燥肌とインナードライは何が違うの?」と思われるかもしれません。

乾燥肌というのは肌の水分・油分とも不足してカサカサな状態になるのに対し、インナードライの場合は、肌の表面に脂が浮いているけれど、内側の水分は不足しているという状態です。

脂ぎっているために見た目で「十分に潤っている」と勘違いされやすく、自覚がないだけで、実は多くの女性がインナードライ肌だといわれています。

インナードライってどんな状態?

インナードライは肌の乾燥から起こります。肌には、水分が不足すると自ら皮脂を分泌して、肌を潤そうという働きがあります。そのため、乾燥した状態を放置しておくと皮脂が分泌され、脂性肌のように脂ぎってしまうのです。

次のような症状があれば、脂性肌ではなくインナードライの可能性があります。

  • 脂ぎっているのにつっぱる感じがする
  • 肌のキメが粗い
  • 毛穴の開きが目立つ
  • しわ、たるみ、シミが気になる

インナードライの原因

インナードライは、スキンケアの方法が間違っていることが原因で起こりがちです。ひとつは肌の皮脂を奪いすぎ、もうひとつは保湿不足といえます。

肌の皮脂が過剰に奪われてしまう原因には、過剰な洗顔回数、顔のこすり過ぎ、洗顔石鹸の洗浄力が強過ぎることなどが考えられます。本来、皮脂には肌の表面をコーティングして、バリア機能をする重要な役割があります。

脂が浮いているとついしっかり洗顔したくなりますが、皮脂を洗い流し過ぎてはいけません。かえって逆効果になってしまいます。

また、保湿不足の原因は、肌表面がベタベタしているため、脂性肌用のさっぱりしたお手入れをしてしまい、余計に乾燥をすすめてしまうといったことがあげられます。

インナードライはバリア機能が低下している状態

インナードライは、肌表面のバリア機能も低下して、キメが乱れている状態です。キメが整っていないために、その隙間からどんどん水分が出ていってしまい、ますます乾燥が進んでしまいます。

また、その隙間から外部からの刺激(紫外線、雑菌、ほこりなど)が侵入しやすくなっているので、肌に炎症が起こりやすい「敏感肌」に進んでしまう可能性が高いのです!

インナードライを改善するには

敏感肌に進んでしまうと、肌が荒れて角質層のバリア機能がさらに低下するため、どんどん水分が奪われていく悪循環につながりかねません。敏感肌になるのを防ぐには、まずはインナードライからしっかり対策していきましょう。

インナードライを改善するには
  • 皮脂を洗い流し過ぎない
  • 保湿効果の高い化粧品で肌をしっかり保湿する
  • 適度な油分で肌の表面をコーティングし水分の蒸発を防ぐ
  • セラミド配合の化粧品で角質層のバリア機能を高める

といったスキンケアを心がけしましょう。

インナードライを克服して、健康的なキメの細かい美肌を手に入れたいですね!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他