【肌が乾燥してカサカサのデリケート肌】乾燥性敏感肌ってどういう肌?

敏感肌+乾燥肌(乾燥性敏感肌)

敏感肌というのは生まれつき肌が弱い人にも起こりますが、多くは肌の乾燥が原因で起こっています。女性の多くが肌の乾燥を感じているといいますが、肌の乾燥を放置しておくと敏感肌に傾いてトラブルを起こしやすくなってしまうので注意したいですね!

乾燥肌が敏感肌に進むメカニズム

なぜ肌が乾燥していると敏感肌に傾きやすくなるのでしょう?これは、肌の乾燥が角質層のバリア機能を低下させてしまうからです。

肌の表面にある角質層は薄い角層が何層にも重なって構成されていて、肌のバリア機能を果たしています。このバリア機能によって外部からの刺激(紫外線、細菌、ほこりなど)をブロックしています。

肌の水分と油分が十分に足りている肌の場合、角質層の内部が皮脂や水分で満たされて、しっかりとしたバリアの役目を果たします。

しかし、肌の水分や油分が不足してしまうと角質層をしっかり満たすことができないのでバリア機能が低下。そして、外部からの刺激をブロックできなくなるために、肌内部に刺激が侵入し、炎症が起こってしまうのです。

敏感肌が乾燥を進めることにも

敏感肌は乾燥しやすい状態です。乾燥が進んでバリア機能がますます低下するという悪循環に陥りやすいので十分に気をつけましょう!

角質層は肌の表面をコーティングして、肌の内側の水分を閉じ込める保湿の役割もあります。しかし、敏感肌の角質層は水分と油分が不足してはがれ落ちやすくなっているので、肌のキメが荒れた状態となり、そのすき間から肌内部の水分が蒸発しやすくなってしまいます

乾燥の原因は

乾燥性敏感肌の原因の多くは、適切なスキンケアが行われていないために肌の乾燥が進んでいることが考えられます。

乾燥の原因は・・・
  • 化粧水などでの保湿が足りてない
  • さっぱりし過ぎた化粧品を使っている
  • 洗顔し過ぎで余分な皮脂を洗い流している
  • ストレスなどによるホルモンバランスの影響
  • 冬の乾燥や夏クーラーなどの外的環境
  • 季節の変わり目
  • などがあげられます。乾燥性敏感肌を改善するには乾燥を防ぐことが何よりも重要です。

乾燥性敏感肌の改善方法

乾燥性敏感肌を改善するには、肌を十分に保湿することが重要です。保湿力の高い化粧品を選んでスキンケアを行いましょう!

また、角質層に含まれるセラミドやNMF(天然保湿因子)が不足することで、バリア機能の低下を引き起こしているので、これらを配合した化粧品を選ぶのが効果的です。

乾燥性敏感肌は、改善しても繰り返して起こりやすいものです。肌が乾燥しやすくなったら早目に保湿を意識したスキンケアを行い、敏感肌に進むのを防ぐようにしたいですね!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他