どうやって判断すればいいのか分からない!敏感肌の基準って?

敏感肌の基準

多くの女性が自分の肌は敏感だと感じています。しかし、実は敏感肌というのは医学的な呼び方ではありません。また、検査の数値で判断できる具体的な基準といったものも敏感肌には有りません。

ヒリヒリや赤みなどの肌トラブルで本人が敏感肌だと自覚したり、医師が症状を診ることで敏感肌だと判断することが多い敏感肌。では、どんな時に敏感肌の症状に気付くことが多いのでしょうか?

化粧品が合わない!?

敏感肌の症状に気付くことの多いのが化粧品を使った時です。外部からの刺激に過敏になっているため、化粧品に含まれている成分が肌に刺激を与えてしまうのです。

化粧品を使った時にヒリヒリする、赤みやかゆみが起こる、湿疹が出る…などの症状が起こったら化粧品が原因で炎症が起こったと考えてよいと思います。

新しい化粧品に替えた時に起こりやすいのですが、健康だった肌が敏感肌に傾いたために、突然今まで使っていた化粧品で炎症が起こるようになったというケースもあります。

化粧品でトラブルが起こったらすぐに使用を中止して、刺激の少ない化粧品に切り替えるようにしましょう。また、皮膚科に相談することもおすすめします。

季節の変わり目も要注意!

季節の変わり目に肌質が変わった、肌にかゆみを感じる、といった症状が出やすくなります。これは季節の変化によって体調が不安定になりやすいことが原因です。自律神経やホルモンバランスの乱れることで肌が乾燥しやすくなったり、バリア機能が低下しやすくなるのです。

季節の変わり目には体調管理に気をつけて、肌にやさしいスキンケアを行うようにすると良いでしょう。

アレルギー反応の可能性も・・・

何らかの原因で肌にかゆみや湿疹などのトラブルが起こる場合、アレルギー反応が出ているという可能性もあります。

なぜ肌にトラブルが起こっているのか分からず、皮膚科に行ってアレルギー検査をしてみたら、ハウスダストや花粉、カビ、食品などが原因で起こるアレルギー反応だったということもあります。

もし、原因がはっきりしないのに肌にトラブルが続く場合は、皮膚科を受診してアレルギー検査を受けましょう。どんな物質にアレルギーがあるのか検査結果の数値で判断することができるので、それ以降は原因になる物質を避けることで肌のトラブルを防ぐことができます。

皮膚科の受診をおすすめします

肌にトラブルが起こった時、自己判断で原因を決めつけたり、自己流の治療を行うのはNGです。対処が間違っていると敏感肌が悪化してしまうことがあるからです。

もしトラブルが起こったら、皮膚科に相談してきちんと診てもらうことがおすすめです。お医者さんの指示に従って対処すれば、安全に、早く敏感肌を改善することができますよ!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他