【目元はカサつくのにおでこはベタベタ】混合性敏感肌ってどんな肌?

敏感肌+混合肌(混合性敏感肌)

肌質は、大きく分けると普通肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌の4つに分類されます。混合肌というのは、異なる肌質が混ざっている状態の肌質のことを指します。肌質が部分的に違ってくるということは珍しいことではありません。実は日本人の多くは混合肌だとも言われているんですよ。

しかし、混合肌というのは肌の水分と皮脂のバランスが悪くなっている状態のため、肌のバリア機能が低下し、敏感肌に偏ってしまいがち。これを混合性敏感肌と呼んでいます。

混合肌とは?

混合肌は、全体的に乾燥しているのに部分的に脂ぎっている、または脂性肌なのにかさつく場所があるといったように、違う肌質が混ざり合った状態です。例えば、目元と口元は乾燥するのにTゾーンはテカッているという肌は、典型的な混合肌といえますね。

乾燥している部分はカサカサ、脂ぎっている部分は毛穴が黒ずんだりニキビができたりとさまざまなトラブルが一度に起こりやすくなるのが混合肌の特徴です。

また、部分的に脂ぎっている混合肌は、脂性肌から来ているというより、肌の乾燥が進んで自ら皮脂を過剰に分泌してしまっているインナードライであることも多いようです。

混合性敏感肌を引き起こす理由

混合肌というのは脂ぎっているところがあるので乾燥肌ではないと誤解されやすいのですが、乾燥がベースになっていることが多いです。肌の乾燥は角質層のバリア機能を低下させるので、混合肌も敏感肌に進んでしまうことがあります。

また、過剰に皮脂が分泌している部分でも皮脂によってバリア機能が低下してしまうのでトラブルを起こしやすくなってしまいます。

混合性敏感肌の原因

混合性敏感肌の水分と皮脂のバランスが悪いことやターンオーバーが乱れていることが原因でなります。多くは生活習慣や間違ったスキンケアが問題になっています。

  • スキンケアで保湿が足りていない
  • 化粧品が肌に合っていない
  • ストレス
  • 不規則な食生活
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 紫外線
  • …などは肌の機能を低下させ、混合性敏感肌を引き起こします。

混合性敏感肌を改善する方法

ほかの敏感肌と同様に、まず基本は十分に保湿をして角質層にセラミドを補ってあげることです。ただし、混合性敏感肌の場合は、部分によって乾燥したり脂ぎったりと肌の状態が違うので、部分に合ったスキンケアを丁寧に行います。

顔にベタつく部分があるとしても、乾燥している部分だけは石鹸で洗い過ぎないようにして化粧水やクリームを重ね付けして保湿する、などのスキンケアの使い分けをするのがベターです。

それに併せて、規則正しい生活をきちんと行い、脂っこい食べ物を控えるようにするなどの体の内側からのケアも、肌の機能を正常に導くのでオススメです。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他