【表面はベタつくのに中は乾燥】脂性敏感肌ってどんな肌のこと?

敏感肌+脂性肌(脂性敏感肌)

肌質の中には、脂性肌で敏感肌を併発しているタイプもあります。これを脂性敏感肌と呼んでいます。

一般的に敏感肌というのは、肌の油分と水分が不足しているから起こるものなので、皮脂の分泌が盛んな脂性肌は、敏感肌になりにくいのでは?と思われるかもしれませんね。

では、なぜ脂性肌でも敏感肌になってしまうのか?それにはまず、脂性肌について理解しておく必要があります。

脂性肌について

脂性肌というのは、皮脂の分泌が過剰になっている肌質のことで、皮脂で肌がテカテカしたりベタついたりしています。また、過剰な皮脂は毛穴の黒ずみやニキビの原因にもなります。

皮脂の過剰分泌の原因は体質的なものもありますが、生活習慣や食生活も大きく影響します。脂っこい物をよく食べる人やお菓子が好きな人は、皮脂の分泌が過剰になりやすいので注意が必要です。

また、ストレスや不規則な生活などが原因で男性ホルモンの分泌が一時的に増え、皮脂の分泌が過剰になったりするのこともあります。

脂性肌が敏感肌を引き起こす理由

過剰に分泌された皮脂は、空気に触れて時間と共に酸化し、肌のバリア機能を著しく低下させてしまいます。そのため、肌が過敏な状態に・・・。

また、肌が脂ぎっていると肌に有害な紫外線の吸収量が増え、肌に炎症を起こしやすくしてしまいます。このことも、敏感肌を引き起こす大きな原因です。

脂性肌でも肌が乾燥している人は注意

脂性肌は、肌の表面が皮脂で覆われているため、一見潤っている肌のように見えます。でもここが落とし穴!実は脂性肌でも中には肌が乾燥している人もけっこう多いのです!!

肌はオイリーでも、肌の内側は水分不足という肌をインナードライと言います。私達の肌は、水分と油分が不足し過ぎると肌の表面を潤そうと自ら皮脂を分泌するは働きが備わっています。そのため水分は不足しているのに皮脂だけ過剰に分泌してしまい、肌がインナードライになってしまうのです。

これは保湿不足や、脂性肌と勘違いして洗顔をし過ぎていることが大きな原因。インナードライは気づきにくいので、適切なスキンケアができず、敏感肌に変えてしまうのです。

脂性敏感肌の改善方法

脂性敏感肌の改善方法は十分な保湿です。水分が不足すると皮脂の分泌が過剰になってしまいます。保湿力の高い化粧水で十分に保湿してから、少量の油分をべたつかない程度に薄くのばし、水分を逃さないようにコーティングしましょう!

皮脂をしっかり落とそうとして、洗顔し過ぎると、皮脂の分泌が過剰になってしまいます。くれぐれも洗顔は適度にとどめておきましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他