敏感肌を悪化させてしまう可能性も!旧表示指定成分ってナニ?

旧表示指定成分とは?

「旧表示指定成分」という言葉をご存知ですか?スキンケアや化粧品について調べていると必ず見かけますよね。この旧表示指定成分をきちんと理解して、トラブルを起こしがちな敏感肌に、少しでも優しいスキンケアを心がけましょう!

旧表示指定成分ってなに??

1980年に、厚生省(現在の厚生労働省)は身体に有害な影響を及ぼす危険性があるとして、102種類の合成成分に香料を加えた計103種類を、「表示指定成分」に指定しました。

これにより、化粧品パッケージには表示指定成分の表示が義務付けられるようになったのです。

また、2001年からは化粧品に配合される全ての成分の表示が義務付けられるようになり、それまでの表示指定成分は「旧表示指定成分」と呼ばれるようになりました。私達は、パッケージを見て身体に安全な化粧品を選ぶことができるようになったわけですね。

旧表示指定成分はなぜ良くないの?

旧表示指定成分には、どのような危険性があるのでしょう?旧表示指定成分のほとんどは、石油から合成的に作られた化学物質です。

元々昔から使われてきた優しい天然成分とは違い、刺激の強いものが多い為、肌に使うと敏感肌やアレルギーを引き起こしやすいのです。発がん性や中毒の危険性が示唆されているものもあります。

石油から化粧品の材料になる成分が精製できることが発見されてからは、大量生産が可能な上に、コストが低いというメリットがあるため、このような合成化学成分が広く使われるようになりました。

しかし、結果として肌トラブルの被害を多く出すことになってしまい、化粧品の安全性が見直されるようになったのです。

旧表示指定成分にはどのようなものがあるの?

旧表示指定成分には、防腐剤、界面活性剤、タール色素、香料、溶剤、紫外線吸収剤などがあります。以下は敏感肌に刺激の強い成分の一例です。

パラベン(パラオキシン安息香酸エステル)
防腐剤・殺菌剤。刺激が強くアレルギーを起こす可能性がある。敏感肌の人はパラベンフリーの化粧品を選ぶこと。
安息香酸
化粧品に広く使われる防腐剤。肌に炎症などのアレルギーを起こす可能性がある。
ラウリル酸硫酸ナトリウム
合成界面活性剤。洗浄力が強いので肌のバリア機能を壊し敏感肌を悪化させてしまう。

サリチル酸フェニル・シノキサート
紫外線吸収剤として日焼け止めに多く配合されている。肌に刺激を与え、アレルギーを引き起こす可能性がある。
タール色素(赤色○号、青色○号など)
アレルギーの原因や発がん性の疑いが指摘されている。赤色202号は特に肌への刺激が強い。

化粧品を選ぶ時には

敏感肌の方は、旧表示指定成分が配合されていない化粧品を選ぶようにしましょう。特に、合成界面活性剤は、乾燥肌や敏感肌を引き起こしやすいので注意してください!

旧表示指定成分について、ある程度の知識を身につけておくと役立ちますが、パッケージを見ただけではどれが旧表示指定成分であるか分かりにくいですよね?化粧品パッケージの表記に「旧表示指定成分無添加」と書かれている製品を選ぶようにすると良いでしょう。

無添加をうたう化粧品でも、全ての肌質に問題がないとは限りません。必ずパッチテストを行って、問題がないことを確認してから自身の肌に使ってくださいね。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他