抜群のリラックス効果で敏感肌改善!アロマテラピーの楽しみ方

敏感肌のアロマテラピー

心と体の疲れを、香りで癒してくれるアロマテラピー。自分の好きな香りで包まれる時間は、気持ちがゆったりと穏やかになり、日頃のストレスを解消してくれます。

気分に合わせて香りを変えたり、自分だけの香りを作って楽しんでいる方も多いのではないでしょうか?

そんなアロマテラピーがもたらすリラックス効果は、健康でイキイキとした肌に欠かせないものです。心と肌をいたわるアロマテラピーをぜひ体験してみましょう!

リラックス効果の高いエッセンシャルオイル

おやすみ前や休日のリラックスタイムに、アロマオイルを焚く人が増えています。自分好みの香りを楽しむのが一番ですが、リラックス効果の高いオイルを焚くことで、毎日のストレス解消や質のよい睡眠が手に入ります。

ストレスや眠りの質は、肌のコンディションにも直結します。鎮静効果のある香りをお部屋いっぱいに満たして、日頃の緊張から心も身体も解き放ってあげましょう!鎮静効果の高いエッセンシャルオイルを幾つかご紹介しますので参考にしてみてください。

ラベンダー
リラックス効果は群を抜いて高く、初心者にも扱いやすいオイルのひとつ。
カモミールローマン
リンゴのような甘い香りで、緊張を和らげ安眠のサポートをしてくれる。
クラリセージ
気持ちが落ちている時などにおすすめ。濃厚な香りなので少量から始めるのが◎
ゼラニウム
自律神経のバランスを整えてくれ作用を持つ、バラに似た甘い香り。
フランキンセンス
落ち着いた気品のある香りで、感情の高ぶりを抑える効果がある。

アロマバスを楽しむ時の注意点

お風呂で香りを楽しむアロマバスも人気が高いですね。温かいお湯の中で手足を伸ばしながら香りを楽しむのは、気持ちが豊かになれる贅沢な時間です。

でも、やり方を間違えると、お肌にダメージを与えてしまうことがあるのをご存知ですか?

アロマバスを楽しむ時、バスタブに直接エッセンシャルオイルを落とす人が多いようですが、これは敏感肌にとって肌荒れの原因となります。

エッセンシャルオイルは、どんなにかき混ぜてもお湯とは混ざりません。

希釈されないままのエッセンシャルオイルが肌につくと、オイルの種類によってはかぶれや湿疹などを引き起こすことがあります。

アロマバスを楽しむ時は、バスタブに直接オイルを入れるのではなく、別の容器にお湯とオイルを入れて香りを楽しむのが安全です。

どうしてもお湯に入れたい時は、専用の乳化剤とブレンドして、お湯にしっかり溶かしてから入浴してください。肌荒れ防止のために、オイルの量はごく少量から始めましょう。

肌への塗布は慎重に!

エッセンシャルオイルの中には、保湿効果のあるものや、シミやくすみ、ニキビなどに効果のあるものもあります。

こういったエッセンシャルオイルを、ホホバオイルなどのキャリアオイルとブレンドして、肌に塗布する方法がありますが、濃度によっては肌荒れを起こしたり、かえってシミを増やす結果になる場合があります。

肌がデリケートな敏感肌さんは、特に注意が必要!肌への塗布は、濃度を低くした上で慎重に行ってください。目立たない部位で、あらかじめパッチテストを実施すると安心です。

香りを楽しみながら、心と身体、そして肌をも癒すアロマテラピー。毎日忙しい人にこそ、試してみることをオススメします。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他