お気に入りのニットが肌荒れの原因!?衣類で考える敏感肌対策

敏感肌の為の下着・衣類選び

敏感肌のかゆみや赤みの原因は、もしかしたら衣類にあるかもしれません。敏感肌さんが下着や衣類を選ぶ時に気を付けたいポイントや、肌荒れを起こさないための着用の仕方を考えてみましょう。

下着は天然繊維でシンプルなデザインのものを

私たちの肌は、絶えず少量の汗をかいています。水分吸収の悪い衣類を身に着けると、汗がいつまでも肌と衣服の間に留まり、汗の中にある皮脂や細菌が酸化して肌を刺激します。その結果、かゆみや赤み、湿疹となどの症状を引き起こすことが有ります。

化学繊維は、天然繊維にくらべ通気性や吸水性に劣ります。直接肌に触れる下着やインナーは、通気性にも吸水性にも優れた綿100%のものや、繊維が細く素肌に刺激のすくないシルク100%がおすすめです。

レースや刺繍などでデザイン性を高めた製品も多いですが、肌に当たるとチクチクするので、シンプルなデザインのものを選んでください。

縫い目やタグも、肌を刺激する原因のひとつです。今は、肌が敏感な方のために、縫い目が表側に出るよう作られた製品や、縫い目のない製品も販売されています。こういった下着を身につけることで肌への刺激が減らせます。

また、タグが気になる場合は、はさみなどで切り取り、肌への刺激をなるべく取り除くようにしましょう。

購入する時は必ず手触りを確かめて

衣類と肌との摩擦が、かゆみや乾燥の原因となっている場合があります。衣類を購入する時は、必ず手で触れて、感触を確かめてから購入してください。

ウールでチクチクする人は多いですよね。特に、タートルネックセーターなどを着用して、首周りにかゆみを感じる場合も多いと思いますが、これはウールの繊維が太く、肌を刺激することから起きます。

ウール素材のものを着る時は、下に木綿製のシャツを重ねる、スカーフやバンダナなどを首に巻くなどして、直接肌に触れる部分が少なくなるように工夫しましょう。

また、下着の金具やファスナーなども、金属によるかぶれを起こす可能性があります。素肌に当たらないよう気を付けてください。

寒暖差への対策も忘れずに

寒い時期の重ね着も、敏感肌には要注意です。外気は寒くても、室内は暖かい冬は、思いがけず大量の汗をかいています。

肌は通常、雑菌等から身体を守るために弱酸性を保っていますが、大量の汗をかくとアルカリ性に傾き、殺菌力が弱り、かゆみなどを生じさせることになります。

暖かい室内に移動したらこまめに脱ぎ着して体温調節をし、保温性だけでなく通気性のある素材を選ぶようにしましょう。

当たり前のようですが、衣類を清潔に保つことも大切です。洗濯で汗や皮脂よごれ、ほこりをしっかり落としてください。

また、最近は科学物質を使用して様々な加工を施した製品が売られています。新しく購入した衣服は、必ず一度水洗いしてから使用するようにしましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他