正しいスキンケアで春を乗り切る!敏感肌の花粉症対策

敏感肌と花粉症

寒い冬が終わると新しい出会いの季節、春の到来です。こころ浮き立つ春ですが、お肌にとっては喜んでばかりもいられません。花粉の飛散が多い春は、敏感肌にとって非常に厄介な季節です。

花粉の季節は、普段以上に刺激を与えないスキンケアが重要です。

季節の変わり目+花粉症のダブルパンチ

季節の変わり目は、敏感肌のコンディションが安定せず、肌のバリア機能が落ちやすい時期です。春は、それに加えて花粉症のトラブルに悩まされる人も多いのではないでしょうか。

春にはスギやヒノキの花粉が、また、秋にはブタクサやヨモギの花粉が飛散します。花粉は非常に粒子の細かい物質なので、100%除去するのはなかなか大変!

バリア機能が低下している肌にこれらの花粉がくっつくと、肌の免疫機能が過剰に働いてしまい、アレルギー反応が起きます。かゆみや赤みの他、湿疹ができる場合もあります。

また、花粉症の症状が肌荒れを引き起こす原因になることも!結膜炎で目をこすったり、一日中鼻をかんだりしていませんか?

皮膚が薄く傷つきやすい目元への刺激は、肌荒れを起こした結果、シワやくすみを作る原因に!ティッシュで頻繁に鼻をかむのも、肌のバリア機能を破壊したり、角質が剥がれ落ちて肌のターンオーバーを乱してしまいます。

肌を刺激しないスキンケアを

花粉の季節のスキンケアは、肌についた花粉を落とすこと、しっかり保湿をすること、肌に花粉がつきにくいメイクをすることが大切です。

外出から戻ったら、花粉を洗い流すために洗顔しましょう。メークを落とす際は、できるだけ肌への負担が少ない無添加タイプのクレンジングを使用します。洗顔料は、スクラブ入り、ピーリング効果のあるものは肌への刺激が強いので避けるようにしましょう。

洗顔はぬるめのお湯で、よく泡立てて、泡をクッションのようにして洗います。ゴシゴシこすらずに、泡をのせ、優しく洗う事を心がけてください。

洗顔後、一番大切なのは保湿です。化粧水はコットンを使わず、手のひらでやさしく押し込むようにします。パチパチと叩き込むのは絶対にNG!

乳液やクリームも両手に伸ばし、顔を手のひらで覆うようにして馴染ませます。肌への刺激は最小限に留めるようにし、セラミド成分配合の化粧品などで、肌のうるおいを補ってあげましょう。

メイクをする時は、油性ベースのファンデーションは、花粉をつけやすいので使用を控えます。練りチークやクリームアイシャドーも、花粉を吸着しやすいので避けましょう。リップベースやワセリンで、くちびるの保護もお忘れなく。

マスクやテッシュの素材にも気をつけて

外出の際は、花粉の付着が少ない素材を選びましょう。ウールなど毛羽立った繊維は花粉がつきやすいので、綿やツルっとした化学繊維の洋服にすると付着量を減らすことができます。

メガネやマスクは、花粉からの防御にかかせないアイテムですが、マスクの素材が合わなかったり、マスクと肌との摩擦で肌荒れを起こすことがあります。自分に合ったマスクを選んでください。

鼻をかんだ時にも、摩擦による刺激で肌が赤くなったり、ヒリヒリすることがあります。保湿に配慮したローション入りのテッシュペーパーなどが販売されていますので、こういった製品を使用して、肌への負担を減らすようにしましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他