ストレスを溜めない生活のために!敏感肌を癒す様々な香りとは?

敏感肌を癒す様々な香り

香りを楽しむ時、真っ先に頭に浮かぶのは、エッセンシャルオイルを用いたアロマテラピーですよね。でも、わたし達の心と身体に癒しを与えたり、気分をリフレッシュさせる香りは、エッセンシャルオイルだけではありません。

植物や樹木の香り、チョコレートやフルーツの香りにも、リラックスやリフレッシュ効果があります。自分好みの香りを見つけて日ごろのストレスを解消し、健康で強い肌を手に入れましょう!

香りの効果で副交感神経を高める!

わたし達の身体の中で、心臓の働きや血圧、体温などをコントロールしているのが自律神経です。自律神経は、交感神経と副交感神経という2つの神経から成り立ちます。

交感神経は、勉強や仕事、スポーツなど活発に活動している時、緊張やストレスを感じている時に働く神経です。一方の副交感神経は、入浴やマッサージ、睡眠時など、リラックスしている時に働きます。

通常は、この二つの神経がバランスを取り合って、身体の調子を整えています。でも、このバランスが崩れると、身体の免疫機能が低下し、肌荒れや吹き出物などの原因となります。

また、自律神経の乱れは便秘を引き起こします。便秘により腸の中に老廃物が溜まると悪玉菌が増え、有害物質を発生させます。有害物質は腸壁から血液に吸収され、お肌にまで運ばれてしまうため、肌荒れやニキビを引き起こします。

ストレス過多になっていると自分で感じる時は、副交感神経の働きを高めていきましょう!香りは神経に作用し、副交感神経を優位にしてくれる働きがあります。ストレスによる肌荒れの予防に、リラックス効果を得られる香りのパワーを積極的に利用しましょう。

植物や樹木が生む自然の香り

エッセンシャルオイルの中でリラックス効果の高い香りと言えば、ラベンダーが有名ですね。その他にも、ローズやカモミール、イランイランなどが心を落ち着かせてくれると言われています。

香りのよいハーブを乾燥させて作るポプリは、自分で手軽に作って楽しむことができます。そのまま瓶に入れて香りを楽しんだり、スリープピローを作って枕元に置くと、心地よい眠りを誘ってくれます。

ポプリに向くリラックス効果を持つハーブは、ラベンダー、ゼラニウム、ローズなどがあります。

樹木の香りにも、人をリラックス効果があります。温泉などで檜風呂に入った時、気持ちがほぐれるのを感じたことがある人も多いはず。

檜の入浴剤や、加工した檜をお風呂に浮かべて香りを楽しむバスグッズなどもあります。お風呂で森林浴気分を味わいましょう。

味覚と嗅覚、両方を満たす食べ物の香り

チョコレートやココアの持つ甘い香りには、気持ちがほっと安らぎますよね。ストレスが溜まっている時、ついついチョコレートに手が伸びるのは、味覚だけでなく香りの効果もあるのかもしれません。

甘い香りには、楽しさや心地よさといった感情を生み出すドーパミンの放出を促す効果があるので、ストレスフルでマイナス思考に陥りがちな時の気分転換には最適です。

また、グレープフルーツの香りにも、リフレッシュ効果があります。柑橘系の中ではカロリーも低く、ダイエットにも優秀なグレープフルーツ。

美肌成分であるビタミンB・C・E等も含むので、香りのリフレッシュ作用以外にも様々な効果が期待できるのが嬉しいですね。

敏感肌さんの場合、ストレスからくる肌荒れの症状が、より強く出てしまうことがあります。ストレスを溜めない生活を送るために、香りを上手に利用してみましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他