環境に優しいアイテムで敏感肌にも優しいお掃除を始めませんか?

敏感肌に優しい掃除グッズ

最近、重曹やクエン酸などを使ったエコ掃除を始める方が増えているようです。天然成分である重曹やクエン酸は、肌に優しいのはもちろん、水に流しても川や海などを汚さないので、安心して使えます。

それぞれの特性を理解してフル活用したい、敏感肌さんのお掃除には欠かせないアイテムです!

重曹はエコ掃除必須アイテム

重曹は、天然の無機物質で「炭酸水素ナトリウム」といいます。海水や地中の鉱床、体内にも存在する物質で、お掃除だけではなく、古くから料理や消化を助ける働きを利用した胃薬など、様々な用途で使われてきました。

重曹は、弱アルカリの性質で、油汚れや手あかなどの酸性汚れを中和させ、汚れを落としやすくしてくれます。また、研磨作用や消臭作用もあるので、クレンザーとして利用したり、脱臭剤として下駄箱やクローゼットの中に入れて、使うこともできます。

重曹は、3通りの使い方ができます。1つ目は粉のままふりかける、2つ目は水に溶かした「重曹水」として使う方法。3つ目は水を少量加えてペースト状にして使う方法です。

拭き掃除には重曹水、こびりついた油汚れやぬめりには粉のままかけてクレンザー代わりに、頑固な汚れにはペースト状の重曹で湿布して使うと効果的です。

嫌なアンモニア臭もクエン酸でスッキリ

クエン酸は、梅干しやレモンなどに含まれる有機酸の一種です。疲労回復や、肩こり、筋肉痛の予防に効果があるとされ、サプリメントの成分としてもよく使われています。

石けんカスや水アカなど、アルカリ性の汚れを分解してくれるので、水回りの掃除に大活躍します。アンモニアもアルカリ性なので、トイレ掃除に使うと掃除+消臭が手軽にできて便利ですよ。

クエン酸は、そのまま粉で使うか、水に溶かした「クエン酸水」として使うかのどちらかがオススメ!水アカには直接振りかけて、こすり洗いをするのが効果的です。

クエン酸水は、スプレーボトルに入れて、いつでも使えるように準備しておくと便利。汚れの気になる場所に、スプレーして拭き掃除しましょう。

お酢の主成分の酢酸は、クエン酸と性質が似ており、掃除に使うことができます。水で5~6倍に薄めて酢水として使うことで、クエン酸水と同じような効果を得られます。

油汚れには純石けんもおすすめ

重曹とクエン酸はエコ掃除の2大アイテムですが、油汚れには石けんもおすすめ。石けんの主成分である界面活性剤は、油汚れを乳化させて落としやすくしたり、汚れを浮き上がらせる性質があります。石けん液を作り、スプレーボトルに入れて使います。

市販されている石けんの中には、合成界面活性剤や香料、防腐剤などが含まれたものがありますが、肌や環境への影響を考えて、化学物質不使用の純石けんを使用しましょう。

ナチュラル素材は肌にも安心

重曹やクエン酸、純石けんは、天然成分から作られており、添加物もありません。それぞれの特性を理解して使用していれば、合成洗剤がなくても家中の掃除が可能です。

環境を汚染しないということは、肌への刺激も少ないということ。敏感肌さんのお掃除は、重曹・クエン酸・純石けんなどのナチュラル素材で、家中ピカピカにしてくださいね!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他