キレイな二重を長時間キープ!敏感肌さんに最適なアイプチ選び

敏感肌とアイプチ

二重まぶたの瞳は、黒目の面積が増えて光もよく当たるため、輝きのあるパッチリした目に見える傾向にあります。そのため、一重まぶたよりも二重まぶたを好む方が多いんですよね。

一重まぶたを二重まぶたに変えるには、美容整形という方法がありますが、普通は「整形まではちょっと…」と思ってしまいます。そんな一重の方の必須アイテムが「アイプチ」ですね。

パッチリ二重に憧れる敏感肌女子のために、アイプチによって起こりやすい肌トラブルや注意点などをまとめてみました!

アイプチ人気の理由

アイプチは簡単な工程で、気軽に二重まぶたを作れるというメリットがあります。使い続けていくうちに自然にクセがついて、アイプチを使わなくても二重まぶたになる場合もあります。

目を大きく見せたいというだけでなく、整形せずに二重まぶたがゲットできるかもしれないといった期待から、アイプチを愛用している方も多いようですね。

アイプチによるトラブル

しかし、アイプチを使うことで起こる肌トラブルも少なくありません。アイプチに含まれる成分が、デリケートなまぶたの皮膚に負担を与えやすく、炎症を起こしやすくなります。また、接着剤に含まれるゴムラテックスでアレルギーを引き起こす人も多くいます。

さらに、アイプチの中には二重まぶたを持続させるため、接着成分が強力になっている製品もあります。そういった製品は、はがす時に角質も一緒に剥がしてしまい、ヒリヒリしたり、敏感肌を悪化させてしまうことも・・・。

一度使うとやめられなくなる方も多く、長く使い続けるとまぶたへのダメージがより大きくなり、ひどい炎症や皮膚のたるみが起きる危険性も出てきます。

敏感肌の人がアイプチを使う場合

デリケートで薄い目元の皮膚にのりを付けるという行為は、肌に大きな負担を与えてしまいます。敏感肌の方がアイプチを使う際は、まず敏感肌でも使えることが表示されている製品を選ぶようにしてください。

医療用粘着剤を使ったものや、無香料、無着色、保湿成分配合のものなどを選ぶようにしましょう。

アイプチは、100均に売っているような安価なものもたくさん出まわっていますが、そういったものは敏感肌にとって刺激の強い成分が添加されている可能性があります。そのため安易に使わないほうが良いでしょう。

万が一、肌にトラブルが起きた場合は肌症状がおさまるまでいったん使用を中止し、頻繁な使用を避けたり、ほかのアイメイクとの兼用を控えるなど、まぶたにかかる負担を減らすことも必要です。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他