敏感肌さん必見!ノンケミカルの日焼け止めで肌に優しいUVケア

ノンケミカルの日焼け止めで優しくUVケア

近頃、ドラッグストアや化粧品カウンターなどに行くと、たくさんの種類のUVケア製品が売られています。敏感肌さんにとって紫外線は大敵なので、日焼け対策は必ず必要なのですが、あんなにたくさんあるとどれを選べばいいのか分からない・・なんていう方も多いのでは?

ここでは、肌の弱い敏感肌さんに最適なUVケア製品の選び方をご紹介します!

日焼け止めの種類

紫外線は、太陽光に含まれる目に見えない光線なので、私達は知らない間に肌に浴びてしまいがち。しかし、紫外線は他の太陽光よりもエネルギーが強く、浴び過ぎると肌だけではなく、健康にも害を及ぼすので注意が必要です。

紫外線から肌を守るために欠かせないアイテムが日焼け止め(サンスクリーン)。日焼け止めには、紫外線を吸収するタイプと紫外線をはね返すタイプの2種類があります。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

紫外線を吸収するタイプには「紫外線吸収剤」が、紫外線をはね返すタイプには「紫外線散乱剤」という成分が使用されています。どちらも肌に紫外線が届くのを防ぐ目的のものですが、それぞれメカニズムが違っています。

紫外線吸収剤
肌の上でいったん紫外線を吸収し熱エネルギーに変換して放出する
紫外線散乱剤
紫外線をはね返し肌に触れないようにする

敏感肌は避けたい紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は、SPF(UV-B波の防止効果を示す指数)やPA(UV-A波の防止効果を示す指数)の数値が高いのがメリットですが、肌に刺激が強いため、紫外線吸収剤を使った日焼け止めを使うと、肌荒れや乾燥を起こす人も少なくありません。

そのため、敏感肌の人に紫外線吸収剤の日焼け止めはオススメできません。また、紫外線吸収剤の中でも、オキシベンゾンやサリチル酸フェニル、シノキサートなどは、発がん性やアレルギー性皮膚炎を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

敏感肌にはノンケミカルの日焼け止めを

紫外線散乱剤を使用した日焼け止めは「ノンケミカル」とも呼ばれ、酸化亜鉛、酸化チタンなどの天然成分が使われています。これらの成分は、人体に害がなく刺激がほとんどない成分なので、肌荒れや乾燥を起こす心配がなく、敏感肌の方でも安心して使えます。

さらに、ノンケミカルの日焼け止めの中には、ノンシリコーンで石鹸で落とせる水性タイプのものもあり、そのようなタイプも敏感肌さんにはオススメです。

ノンケミカルの日焼け止めを上手に使うには?

ノンケミカルの日焼け止めは、紫外線吸収剤を使ったものよりSPFやPAの数値が低い傾向にあります。しかし、日常生活においてはSPFがそれほど高くなくても問題ないので肌に優しいノンケミカルを選ぶことを優先しましょう。

夏の炎天下のような強烈な紫外線を浴びる時は、なるべくPAの高いノンケミカルの日焼け止めを使い、帽子や日傘で日差しを避けるようにします。

また、日焼け止めは時間が経つと汗やメイク崩れで落ちてしまい、効果が薄れてきます。ムラなくたっぷり塗り、日焼けしやすい部分は重ね塗りをして、2~3時間おきに塗り直すと効果が持続します。

日焼け止めは、一日の終わりにしっかり落とすことも重要です。ノンケミカルの日焼け止めでも、肌に残さないようにしっかりと洗い落とし、洗顔後は肌を十分に保湿しておくようにしましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他