敏感肌こそ使いたい!肌にやさしい化粧下地と選び方

敏感肌の化粧下地は?

敏感肌さんの中には、化粧下地をとばし、いきなりファンデーションをぬる人がいます。敏感肌である私も、以前はそうでした。

そんな私が、化粧下地をぬるようになったキッカケは、日中の化粧崩れを防ぎたかったからです。化粧下地には、ファンデーションやアイシャドウを肌に密着させ、化粧持ちをよくする効果があります。

他にも、化粧下地には、嬉しい効果がたーくさん♪このページでは、そんな化粧下地について、一気にご紹介いたします!

化粧下地の嬉しい効果

化粧下地には、化粧崩れを防ぐだけでなく、外部刺激(ほこりや細菌など)から肌を守る効果があります。さらに、毛穴やくすみを隠し、肌を明るくキレイに見せることができる優秀なアイテムです。

メイクの完成度を高め、日中も美しく過ごすために、ぜひ使用したいですね♪

敏感肌を傷つける『やさしくない化粧下地』

化粧下地により、肌が痒くなったり、乾燥したり、吹き出物ができたり…。化粧下地で、肌荒れを起こしたことがある敏感肌さんは多いようです。

そのため、『敏感肌は化粧下地を使うべきではない』という意見をチラホラ耳にします。化粧下地により、肌荒れを起こしてしまうのは、一体なぜなのでしょうか?

その理由は多くの化粧下地に、敏感肌に刺激を与える強い成分が使われているからです。

敏感肌に刺激を与える成分(化粧下地の場合)
  • 合成界面活性剤
  • 紫外線吸収剤
  • 合成ポリマー
  • パラベン
  • 香料

これらは全て、敏感肌さんが避けるべき成分です。(別ページ『避けたい成分』にて各成分ずつ詳しく説明しています。ぜひ読んでみて下さい。)

敏感肌が選びたい『やさしい化粧下地』

敏感肌さんの場合は、上にある成分を配合していない化粧下地を選びましょう。さらに、次の3点にも気を使うと、敏感肌さんにベストな化粧下地が見つかります♪

  1. UV効果がある
    …肌のバリア機能が弱い敏感肌さんにとって、紫外線は肌荒れを起こす大きな原因です。紫外線吸収剤以外にも、UV効果のある成分はあります。例えば、酸化チタンや酸化鉄などの紫外線散乱剤は、UV効果があり、肌にやさしい成分です。
  2. 保湿効果がある
    …肌の乾燥は、敏感肌のバリア機能をさらに低下させます。スキンケアだけでなく、メイクをするときも保湿を心がけましょう。
  3. 肌になじむ
    …ファンデーションの前にぬる化粧下地。ファンデーションがムラになるのを防ぐため、できるだけ肌になじみやすい化粧下地を選びましょう。

敏感肌さんにオススメの化粧下地はこれ♪

24h UVベースローション

24h UVベースローション

天然素材のみで作られた、24hコスメの『UVベースローション』。肌にとって負担となる、合成界面活性剤・紫外線吸収剤・合成ポリマー・パラベン・香料は一切使用していません。

肌なじみがよく、植物由来の保湿成分もたっぷり配合しています♪敏感肌さんにオススメの化粧下地です。

化粧下地のぬり方で、日中の崩れを防ごう!

「日中の化粧崩れが気になる…。」そう感じる人は、化粧下地のぬり方を変えてみましょう♪

化粧崩れが起きにくい、下地のぬり方♪

手を使ってぬりましょう。

  1. 日中の肌の乾燥は化粧崩れを招きます。そのため、洗顔後は基礎化粧品でしっかりと肌を保湿しましょう。

  2. 化粧下地(使用する化粧下地の規定量)を手に取ります。

  3. 範囲の広い額と両頬には多めにのせ、範囲の狭いアゴと鼻には少なめにのせます。

  4. 顔の外側に向かって、指先で軽く叩きながら広げていきます。毛穴が気になる場合は、毛穴を下から押し上げるようにして、毛穴を化粧下地で埋めていきましょう。

  5. まぶたや小鼻のキワにも、指先でポンポンとのせていきます。

  6. 顔全体に広げ終わったら、ティッシュで余分な化粧下地を吸い取ります。

  7. 最後に、手の平を使い、顔全体を包みます。

  8. 化粧下地が乾いてから、ファンデーションやコンシーラーをぬります。

24hコスメ UVベースローション 順番1 24h下地順番

化粧下地のぬり方で、化粧もちはグッとよくなります。ぜひお試しあれ♪

補足: BBクリームとCCクリーム

「化粧下地の代わりに、BBクリームやCCクリームを使ってみたい。だけど、違いがよくわからない。」

そう思っている人もいるのではないでしょうか?ここでは、BBクリームとCCクリームの違いについてお話しします。

BBクリームとCCクリームの違い
  • BBクリーム
    …ベースメイク(ファンデーションを含む)をBBクリーム一つで仕上げることができます。UV効果などのスキンケア効果があるものが多いです。カバー力がありますが、厚塗り感が出てしまうのが欠点です。

  • CCクリーム
    …顔全体のくすみや赤みなどを解消(色補正)し、美しく見せる役割があります。CCクリームと同様、スキンケア効果があるものも存在し、ファンデーションを上からぬらなくても大丈夫です。BBクリームよりも軽く、ナチュラルに仕上がります。しかし、カバー力はBBクリームの方が上です。

自分の目的にあった方を選びましょう!

敏感肌と化粧下地(まとめ)

化粧下地には魅力がたくさん!

「肌をいたわりつつ、キレイをキープしたい。」そう思う敏感肌さんだからこそ、ぜひ使いたいアイテムです!

選び方とぬり方を知っていれば、敏感肌さんも化粧下地は使用できます。敏感肌にあった『やさしい化粧下地』で、美しさの可能性を、さらに広げましょう♪

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他