意外なところに落とし穴が!?メイク道具で敏感肌が悪化?

メイク道具で敏感肌悪化?

メイクをする時に欠かせないのが、ファンデーションパフやブラシ、チップなどのメイク道具です。でもこのメイク道具が敏感肌を悪化させる原因になることをご存知ですか?

自分の肌をキレイに見せるはずのメイクで、敏感肌症状を悪化させては何の意味もありません。メイクのテクニックや方法を磨くのも大切ですが、肌に少しでも負担を与えない正しいメイク道具の管理方法も押さえておきましょう!

メイク道具が肌に悪影響を与える?

毎日使う物なので、何気なくメイク道具を扱っている方もいるかもしれませんが、使い方によってはメイク道具が肌を傷めてしまうことがあります。

特に一番気をつけたいのが、不衛生な状態のメイク道具。ファンデーションパフやチークブラシが汚れたままになっていませんか?

メイク道具は、使うたびに皮脂やメイク汚れがたくさん付着します。皮脂やメイクは雑菌にとって栄養になるので、そのままにしておくと雑菌がドンドン繁殖し、不衛生な状態になってしまいます。

雑菌だらけのメイク道具を使って、メイクした時のことを考えてみましょう。メイク道具を通して肌に汚れや雑菌が広がることで肌が不衛生な状態になり、ニキビや肌荒れの原因になってしまいます。

特に敏感肌の場合は、雑菌によって肌に炎症が起こりやすいため、不衛生なメイク道具を絶対に使用しないようにしましょう。

メイク道具を清潔に保つには

パフやスポンジは、油分の多いファンデーションや皮脂が付くので、使うたびにかなり汚れます。複数個のスペアを用意して、こまめに洗うように心がけましょう。洗う際は、専用クリーナーやクレンジングを使い、ぬるめのお湯で優しくもみ洗いしてください。

ブラシはファンデーションパフやスポンジよりも汚れは軽いので、通常はティッシュで拭き取って保管します。汚れが目立ち始めたら、専用クリーナ・クレンジングなどで優しく洗ってください。

アイシャドウについてくるチップも、とても汚れやすいです。目元は顔の中でも特にデリケートな部分ので注意が必要。汚れた物を使い続けるのは絶対にやめましょう!

チップは使っていくうちに摩擦で削れて肌に刺激を与えてしまうことがあります。摩擦による刺激は、目元の薄い皮膚には負担が大きすぎるため、使うたびにティッシュで拭き取り時々洗い、こまめに買換えすることをおすすめします。

洗浄後は、しっかり乾燥

メイク道具を洗浄した後は風通しの良い所でよく乾かし、生乾きの状態では絶対に使わないこと。生乾きだと雑菌が繁殖しやすくなり、かえって不衛生になってしまいます。

また、生乾きの状態で長時間放置するとカビが生える原因にもなります。パフやスポンジは洗浄後よく絞り、風通しの良い日陰で保管してください。しっかりと乾かして、清潔な状態で使用するように心がけましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他