目力UPのマストアイテム!敏感肌のつけまつげ&まつげエクステ

敏感肌のつけまつげ&まつエク

「つけまつげ」や「まつげエクステ」は、目力を倍増させる効果がある、とても便利なメイクアイテムです。しかし、目元はとてもデリケート。目や目元にトラブルを起こしやすいメイク術でもあります。

実際に、つけまつげ・まつエクによる肌トラブルを耳にすることも増えてきているので、敏感肌さんは慎重にならなければいけません。どんなことに注意するべきか、詳しくご紹介していきましょう!

つけまつげ・まつエクが起き起こす肌トラブル

目元は、元々皮膚がとても薄く、目のふちという特にデリケートな部分にまつげは生えているため、ちょっとした刺激を与えただけでも炎症が起こす可能性があります。

つけま・まつエクを愛用している方に、皮膚のかぶれ・カサつき・赤み・かゆみ・痛みといった肌トラブルが多いのはこのためです。

特に、つけま・まつエクを使う時に問題になりやすいのが接着剤(グルー)です。接着剤は、人工まつげをしっかりくっつけて、途中で外れないようにするために欠かせないアイテムですが、そもそも「のり」を塗る行為が皮膚に良いはずがありませんよね。

付けている最中に成分が肌を刺激するだけでなく、接着剤をはがす際に角質も一緒に剥がしてしまうため、肌をどんどん傷めてしまうのです。

また、中には化学成分が大量に配合されている接着剤もあり、特に敏感肌の方は接着剤を選ぶ時に注意が必要です。接着剤に使われることの多いシアノアクリレートは、アレルギーの原因になりやすい成分と言われ、ホルムアルデヒドを発生させる種類のものもあるので強い刺激性に注意しましょう。

つけまつげを使う時の注意

敏感肌の方がつけまつげを使う場合は、肌の負担を考えてフルタイプよりも付け外しの簡単なハーフタイプ(接着面積が少ないもの)を選ぶことをオススメします。

また、接着剤は、敏感肌用の製品や天然ゴム・ラテックスできているものを選び(ゴムアレルギーがない方のみ)、簡単に剥がせるタイプを使うようにします。

剥がす時は、接着部分をぬるま湯でふやかし、少しずつはがすと肌に負担をかけません。専用リムーバーで、こすらずに優しく取り除くのもオススメです。

まつげエクステをする時の注意

まつエクは、つけまつげと違って肌に接着剤をつけないことや、3~4週間程度は外す必要がない点から、つけまつげよりは敏感肌に負担が少ないといえます。

ただし、デリケートな部分に行う施術には変わりないので、トラブルを避けるために確かな技術を持ち信頼できるサロンを選びましょう。

まつエクの施術には、必ず美容師の免許が必要です。信頼できる施術者がいるかどうか、きちんと確認しましょう。また、サロンには事前に敏感肌であることをしっかりと伝え、カウンセリング時に相談してから施術を受けるようにしてください。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他