体中に毒素がまわっちゃう!?便秘は敏感肌の大敵なんです!

便秘は敏感肌の大敵

便秘に悩む女性って多いですよね。女性は、女性ホルモンの影響や腹筋の弱さが原因で、もともと男性よりも便秘になりやすいんです。

便秘になると、お腹が張って辛いというだけでなく、身体や美容上でもさまざまな不調を引き起こしてしまうので厄介です。

腸と肌は一見無関係のように見えますが、肌の調子は腸の状態に左右されているといって過言ではありません。特に便秘というのは、敏感肌の大敵になるので要注意ですよ!

なぜ便秘は肌に悪いの?

なぜ便秘は肌に悪いのでしょうか?それは、便秘によって腸に溜まる毒素が体内から肌にまわり、肌にダメージを与えるからです。

便というのは食物のカスで体には不要な物です。いつまでも腸に溜めておくということゴミを捨てないのと同じです。便もゴミの様に古くなるほど腐敗して毒素が増えます。

腸から吸収された毒素は、血液と一緒に体中をめぐります。毒素は体中の臓器、皮膚にいきわたり、バリア機能を低下させたり肌荒れを起こすなどのダメージを起こしてしまうのです。

腸に便が溜まると…

便が溜まってしまった腸内では、どのような事が起こってしまうのでしょうか?

胃から送られてきた食物は、小腸で栄養素と水分が吸収され、残りは食物のかすとして大腸で便となり排出されていきます。便は24時間以内には排泄されるのが正常とされています。

しかし、腸内環境が悪かったり、運動不足などの原因によって排便できないと、腸内には古い便が滞留するようになります。

すると腸内の悪玉菌はその便をえさにして増殖し、便を腐敗させ始めます。腐敗によって異常発酵が進み、腸内には毒素や有害な成分、悪臭のするガスが発生します。

さらに悪玉菌が増えることで善玉菌が負けてしまい腸内環境がどんどん悪くなります。善玉菌が少ないために、さらに便秘が悪化するという悪循環にもつながります。

便秘を改善する対策

便秘が習慣になっている方は、少々お通じがなくても無頓着になってしまいがちです。ですが、悪玉菌が出す毒素は万病のもとになるので、この機会にぜひ便秘を改善するように心がけてください。

便秘を改善する方法
  • 善玉菌となる乳酸菌・ビフィズス菌をとって悪玉菌をやっつける
  • 水分不足だと便が硬くなるので水分をたくさんとる
  • 食物繊維をとって便のかさと水分を増やす
  • 腹筋を鍛える
  • ウォーキングなどの軽い運動を行う

善玉菌の美肌効果

善玉菌には、肌の機能を高める効果があります。善玉菌は腸でビタミンBを生成し、肌荒れしにくい健康的な肌に導きます。

また、腸から栄養が吸収されるのを促進してくれるので肌に必要な栄養が行き届くようになり、敏感肌の改善につながります。ヨーグルト、漬物、納豆などから善玉菌を積極的に摂取したいですね!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他