甘く見ちゃダメ!腸内環境を見直すと敏感肌が改善するかも!?

敏感肌の腸内環境

腸といえば胃で消化された食べ物が便になって排泄されていく器官として知られていますが、「第二の脳」と呼ばれるほど重要な器官だということをご存知でしょうか?

人の健康状態を左右するのは、腸内環境とも言われています。腸内環境が良くないと身体不調を引き起こしやすくなり、肌の調子にも大きく影響してしまうのです。

もしかすると腸内環境の悪化が、敏感肌を引き起こしているかもしれませんよ!

腸内環境とは?

腸の中にはおよそ100兆個、重さにして1kgもの腸内細菌がすんでいます。腸内細菌は大きく分けて、善玉菌、悪玉菌、日和見(ひよりみ)菌の3種類があり、それぞれに役割があります。

善玉菌
ビフィズス菌、乳酸菌など。腸内細菌の2割を占める。

腸を酸性に保ち有害な菌を殺菌する。便通を良くする。免疫力を高める。
悪玉菌
ウェルシュ菌、大腸菌など。腸内細菌の1割を占める。

体には必要な菌だが増えすぎると食べ物のカスを腐敗させて有害な物質や悪臭を生み出す。
日和見菌
腸内細菌の7割を占める。

普段は害のない菌だが悪玉菌が増えると悪玉菌の味方をする。善玉菌が増えると善玉菌の味方をする。

腸内環境は善玉菌、悪玉菌のバランスによって変わります。善玉菌が増えると腸内環境が良くなり、悪玉菌が増えると腸内環境が悪くなります。

悪玉菌が増えると…

腸内に悪玉菌が増えると、善玉菌が減って体の免疫機能が低下してしまいます。また悪玉菌が生み出した毒素は腸から血管に吸収されて体中にめぐり、体の不調を引き起こします。

毒素は皮膚にも行きわたり肌の機能を低下させたり、毒素によって肌荒れを起こしたりしてしまいます。

善玉菌が増えると…

腸内に善玉菌が増えると、腸を刺激して便通を促すので、便通が良くなり便秘が解消されます。

また、善玉菌のビフィズス菌は、ビタミンB群の産生を促進させる働きがあります。ビタミンB群には、肌をすこやかにして肌荒れを防ぐ効果があるので、善玉菌を増やすことは敏感肌の予防につながります。

腸内環境を整えましょう!

敏感肌と腸内環境には、こんな密接な関係があると意外に思われるかもしれません。腸内環境を整えることはとても重要なことなのですが、近ごろは便秘や食生活の乱れによって腸内環境の悪い人が増えているようです。

善玉菌を増やすためには、乳酸菌を含むヨーグルト、納豆、キムチなどの発酵食品を積極的に摂取することが効果的です。併せて野菜、果物、きのこ類、海藻類を食べると良いでしょう。

便秘の人や臭いおならが出る人は、腸内環境が悪い可能性があります。肉や油を好んだり、食物繊維が不足している人は悪玉菌が増えやすくなります。また、運動不足やストレスも原因になるので注意してくださいね!

肌が荒れている時は外側からのスキンケアだけでなく、腸内環境も見直し、健康的でトラブルの無い肌を目指しましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他