冷えは美肌を遠ざける!敏感肌さんのための冷え性対策講座

敏感肌と冷え性

「冷え性」というのは、身体に冷えを感じる症状のことで、多くの女性が抱える悩みです。冷え性という名前の病気はなく、単なる身体の不調の一種なのですが、冷え性が原因で引き起こされる病気というのはとても多いので、油断して放置してはいけません!

もちろん、敏感肌と冷え性にも関係があります。冷え性を解消して健康的な素肌を手に入れるには、どうしたらよいのでしょうか?

そもそも「冷え性」って?

冷え性と身体が寒い時の感覚は、ちょっと違うと思いませんか?身体が寒いときは、全体にブルっとした寒さを感じますが、冷え性の場合は身体は温かくても、手足や腰など部分的に冷たくなるという特徴が有ります。

これは、血液の循環が悪いことで起こります。私達の身体は血液がめぐることで温められていますが、手足のように身体の末端に近いところは、血液のめぐりが悪くなりやすいので、部分的な冷えが起こるのです。

また、血管は自律神経の働きによって拡張したり収縮したりします。緊張やストレスによって自律神経が作用し、血行を収縮させるので血行不良が起こりやすくなります。

冷え性の原因

冷え性の原因はいくつかありますが、基本的に女性は男性よりも冷え性が起こりやすい傾向にあります。体温は筋肉で生み出されるため、筋肉量が少ない女性は体が冷えやすいのです。

また、女性ホルモンの乱れも血行の悪化を促進することがあるので注意が必要です。

冷え性の原因
  • ストレスや不規則な生活習慣などによる自律神経の乱れ
  • 冷たい物の食べ過ぎ・飲み過ぎ
  • エアコンの冷房
  • 薄着や衣服の締め付け
  • 運動不足
  • 低血圧・貧血
  • 加齢

冷え性になると肌の調子も低下する

血液には、身体中の細胞へ酸素や栄養を送り届ける役割があります。これによって細胞の新陳代謝が行われているわけですが、冷え性になると新陳代謝が悪くなってしまうので肌のターンオーバーがスムーズに行われなくなり、バリア機能が低下してしまいます。

また、肌のターンオーバーが乱れると肌は乾燥しやすくなります。冷え性や肌の乾燥を放置していると、敏感肌まで引き起こしてしまうことも・・・。

冷え性による敏感肌の対策法

血行不良による敏感肌を防ぐには、冷え性を予防したり改善することがまず一番の対策になります。体を冷やす原因を日常生活の中から取り除き、体が冷えないように心がけます。また、体をなるべく温めるような対策を意識的にとるようにしましょう。

  • 気温に合った服装
  • 暖かい食べ物・飲み物をとる
  • 体を温める食品(唐辛子・生姜・根菜類・スパイス)をとる
  • 入浴はシャワーで済ませず湯船にゆっくりつかる
  • 適度な運動をする
  • エアコンで冷やし過ぎない
  • ストレス解消法を見つけてリラックスするように心がける

冷え性の改善に最もオススメしたいのは「運動」です。運動によって血行を促進する効果のほか、筋肉を増やして体温を上げやすくしたり、汗をかくことによって肌に適度な潤いを与えるなど、さまざまな効果が期待できますよ!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他