皮膚上に1兆個も!?皮膚常在菌を育てて敏感肌を改善しよう

敏感肌と皮膚常在菌

私達の皮膚には、およそ1兆個の皮膚常在菌が生息しています。「えっ!菌がそんなにいるなんて気持ち悪い!」と思われがちですが、実は皮膚常在菌というのはすこやかな肌を保つのに欠かせないものなのです。

皮膚常在菌を理解して、敏感肌改善につなげてみませんか?

皮膚常在菌ってどんな菌?

皮膚常在菌には、表皮ブドウ球菌・黄色ブドウ球菌・アクネ菌など、色々な種類の菌がいます。そして、人によって肌にいる常在菌のバランスは異なっています。

その中でも、表皮ブドウ球菌などの善玉菌は、体を攻撃することがなく、病原菌から肌を守る役割をしてくれます。

善玉菌は、皮脂や汗を栄養にして肌を弱酸性に保ちながら生きているため、もし善玉菌が極端に減ってしまうと、黄色ブドウ球菌やアクネ菌などの悪玉菌が異常増殖し、肌にトラブルが起こってしまいます。

善玉菌が元気だと…

抵抗力の強い肌というのは、バリア機能が正常で善玉菌が元気に生息している肌です。すこやかな肌は、皮脂と善玉菌によって弱酸性に保たれています。

病原菌はアルカリ性を好むために酸性の肌では生きていけないので、肌が弱酸性だと病原菌による攻撃が防げるわけです。

また、肌を弱酸性にしているのは善玉菌が出す排泄物です。排泄物と言っても決して汚いものではなく、肌の表面をしっとりと潤す役割をするもので、乾燥肌や敏感肌を防ぐのに役立っています!

善玉菌が減ってしまう原因

肌を清潔にすることは大切ですが、清潔にし過ぎるとかえって敏感肌を引き起こすことがあります。それは、洗い過ぎによって、汚れや病原菌だけでなく肌に必要なものまで皮膚常在菌を洗い流してしまうから。

肌を洗い過ぎると皮脂が奪われて乾燥が起こり、肌のバリア機能が低下してします。さらに皮膚常在菌も洗い流されているので肌を弱酸性に保つことができなくなり、病原菌の攻撃を受けやすい肌状態に・・・

その結果、敏感肌の炎症が起こってしまうのです。

善玉菌を元気にして敏感肌を改善しましょう

敏感肌の方は、皮膚の善玉菌を元気にして肌の抵抗力を高めていくようにしましょう!善玉菌のエサは皮脂なので、肌が乾燥して皮脂が少ないと善玉菌が増えません。

洗顔する時は皮脂を洗い流さないように、洗浄力の強すぎるクレンジングや洗顔料を避け、36度以下のぬるま湯で洗い流します。洗顔後は十分に保湿することも忘れないようにしましょう!

また、適度に汗をかくことも大切です。定期的に軽い運動をして、汗をかくようにしましょう。また、善玉菌は紫外線が苦手です。紫外線は敏感肌の刺激にもなり、お肌の大敵!日中の外出の際は日傘や帽子などを用いて、紫外線対策を必ず行うようにしましょう。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他