美肌の味方ってホント?女性ホルモンが敏感肌に与える影響

敏感肌と女性ホルモン

「女性ホルモン」という言葉からはどんなことを連想しますか?女性らしさを作るもの、フェロモンのもと、女性の妊娠・出産に関係するもの…といったイメージが一般的ではないでしょうか?

確かに女性ホルモンというのは、女性らしさを作ったり妊娠・出産に大いに関係するホルモンではありますが、それだけではなく、女性の心身をすこやかに保つ役割もあるのです。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)の2つがあります。これらのホルモンにはそれぞれ異なる作用があり、周期的に分泌される量が変化しているのが特徴です。

エストロゲンとプロゲステロン

2つのホルモンは妊娠・出産の準備をするという大切な役割があり、これらによって毎月の排卵と生理が周期的に行われています。

エストロゲンには、排卵を促す働きがあり、卵胞期から排卵期にかけて分泌が高まります。また、プロゲステロンには、妊娠の準備をしたり生理周期をコントロールする働きがあり、排卵期が過ぎてから生理が来るまでの黄体期に分泌が高まります。この2つのホルモンの分泌は、身体にもさまざまな影響を与えます。

エストロゲンには、肌の血行や調子を良くする作用があります。そのため生理終了後から排卵日までは、肌のトラブルが起こりにくい時期になります。

プロゲステロンには、皮脂に分泌を過剰にしたり肌のバリア機能を低下させる作用があります。そのため排卵日が過ぎてから生理までは、ニキビが出たり肌が荒れたり敏感になったりしがちになります。

肌にトラブルが起こりやすい黄体期

このように、「生理前に肌の調子が悪くなりやすい」と感じることが多いのは、プロゲステロンの分泌が高まるためです。

この時期は、いつもより肌が過敏になっているので、肌に負担を与えないようなお手入れを心がけ、新しい化粧品や美容法を試すことは避けましょう。また、肌に刺激になるようなケアも控えたいですね。

女性ホルモン分泌の崩れに注意

ホルモンバランスは、ストレスや不規則な生活によって崩れやすいものです。女性ホルモンのバランスが崩れると、生理周期が不安定になるほか、体調が悪くなったり情緒不安定になったり、肌をトラブルを起こしやすくなったりします。

エストロゲンが減少すると、肌の新陳代謝が低下し、プロゲステロンが減少すると肌が乾燥しやすくなります。また、ホルモンバランスの分泌はすぐに不安定になります。

そのため以前は肌が丈夫だったのに、妊娠・出産・加齢などで敏感肌に変わってしまった、という方も少なくありません。

肌に合ったスキンケアを実践して肌を保護すると共に、女性ホルモンのバランスが崩れないように健康管理を心がけることが大切です。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他