想像するだけで気持ち悪い!顔ダニが敏感肌に与える影響とは?

敏感肌と顔ダニ

私達の顔に寄生するダニがいることをご存知でしょうか。ニキビダニやコニキビダニという種類のダニで、通称「顔ダニ」と呼ばれています。この顔ダニは成人1人に、なんと200~400万匹くらい棲みついているといわれています!

顔にダニがたくさんいるなんて考えたくない…!と思ってしまいますが、実は成人の場合ほぼ100%の人に顔ダニが住みついているそうです。

つまり顔ダニがいて当たり前なんですね。今回は、そんな嫌われ者の顔ダニと敏感肌との関連性について解説します。

顔ダニとは?

顔ダニの大きさは、約0.2mm~0.4mmと目には見えないくらい小さく、私達の顔や頭皮の毛穴に棲んでいます。皮脂や皮膚の細胞をエサにして繁殖し、特に脂ぎったところにはたくさんいると言われています。

健康な皮膚にも顔ダニは棲んでいて、普段は特に顔ダニの被害を感じることはないかもしれません。しかし、何らかの原因で顔ダニの過剰繁殖を許してしまうと、肌にさまざまなトラブルが起こるようになってしまうのです。

顔ダ二によるトラブル

顔ダニが過剰繁殖すると肌に次のようなトラブルが起こってしまいます。

    ・ニキビや吹き出物の発生
    ・肌のかゆみや炎症
    ・バリア機能の低下
    ・肌のキメが荒くなる

顔ダニは夜行性で、夜になると毛穴から出てきて肌表面に残ったメイクや皮脂などを食べ、また毛穴に帰っていくという生態があります。

顔ダニが活動する際に爪や口で肌を傷つけてしまうため、角質層がはがれたり炎症を引き起こしたりしてしまいます。また、肌の栄養を吸収するので、肌のバリア機能が低下して敏感肌を引き起こすこともあります。

さらに顔ダニは、肌表面の油分を体につけて毛穴に帰っていくので、毛穴が油分で塞がり、ニキビや吹き出物が出やすくなってしまいます。また、顔ダニが過剰繁殖すると毛穴に死骸が大量に詰まり、毛穴の化膿や炎症の原因なります。

顔ダニが増える原因

顔ダニが増える原因は、皮脂や肌の油汚れです。夜の洗顔やクレンジングをおろそかにしていると、夜間に肌に残った皮脂やメイク汚れを顔ダニが食べて繁殖をしやすくなります。

また、ステロイド剤を利用している方で肌の免疫機能が低下している場合も、顔ダニが増えやすくなります。敏感肌やアトピー性皮膚炎の方の中で、医師からステロイド剤を処方されている方は、必ず医師の指示通りに使用するようにしましょう。

顔ダニとうまく付き合っていくには

顔ダニを全滅させることは不可能です。敏感肌の方が、顔ダニとうまく付き合っていくには、スキンケアで顔ダニが増えないように気をつける事が大切です。

そのためには適切な洗顔をして、肌を清潔に保つこと。特に、夜行性の顔ダニが動き出す前、就寝前には必ずクレンジングや洗顔で顔の汚れをキレイに落とすことが重要になります。

ただし、顔ダニを少しでも減らしたいからといって、過剰な洗顔は絶対に禁物!!肌に必要な皮脂まで洗い落してしまい、バリア機能を低下させたり、肌が乾燥を防ごうとして皮脂を過剰に分泌してしまうので注意しましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他