敏感肌に与える影響は大!憎き活性酸素から肌を守る方法

敏感肌と活性酸素

私たちを悩ます敏感肌の原因のひとつに、「活性酸素(フリーラジカル)」が与える影響があげられます。活性酸素というのは、体内で酸素から発生した化合物のことです。言い換えれば、呼吸で取り込んだ酸素が酸化して「サビ」になったもの、ということです。

酸素は私達が生きていく上で欠かせないものなのですが、活性酸素に変化してしまうと美容や健康の面で悪影響を及ぼす可能性が出てきます。活性酸素がどのようなものか知って発生を防ぐことで、敏感肌の改善にもつながります。

活性酸素が発生する原因

活性酸素には体に侵入したウイルスをやっつける役割がありますが、増えすぎてしまうと健康な細胞まで傷つけてしまうようになり、老化や病気を引き起こしてしまいます。

活性酸素が発生する原因には、ストレス、紫外線、激しい運動、喫煙などがあげられます。これらの刺激を受けると、体が活性酸素を増やして体を守ろうとするからです。

しかし、活性酸素の増え過ぎはかえって細胞を壊していくことになるので、これらの刺激を避けるようにしなければなりません!

活性酸素が肌に与える影響

活性酸素は肌内部の細胞を壊すため、細胞が正常に成長しにくくなり、肌のターンオーバーの乱れを引き起こすようになります。

すると肌は、水分と油分をバランス良く保つことができなくなるので、バリア機能が低下してしまい、乾燥肌や敏感肌が起こってしまうのです。

また、活性酸素によって敏感肌の炎症部分が攻撃されるので、炎症がさらに悪化する原因にもなります。紫外線を浴びることも、肌の表面に活性酸素を発生させて、敏感肌の炎症を引き起こす原因となってしまいます。

シミの原因にも

活性酸素は、シミを増やす原因にもなります。紫外線によって肌に活性酸素が発生してしまうと細胞のメラニン色素を作る機能が活発化してしまいます。そのため、メラニン色素が過剰に作られ、シミが増えたり濃くなったりするのです。

敏感肌の炎症を掻き壊した場合も、活性酸素が作用すると色素が沈着して跡ができやすくなるので要注意です。

活性酸素を防ぐには

活性酸素が体内で増え過ぎないようにするには、活性酸素を増やす要因(ストレス、不規則な生活習慣、紫外線、激しい運動、タバコ)を避けることが一番です。

食品の中には「抗酸化作用」といって活性酸素が細胞を傷つけるのを防ぐ作用のあるものがあるので、積極的に食事にとりこむようにしていきましょう。抗酸化作用があるのはビタミンA、C、E、葉酸、ポリフェノールです。

これらを豊富に含むのは野菜や果物です。特に、緑黄色野菜は抗酸化作用が高いので意識して食べるようにしたいですね。

また肌のバリア機能を高めるスキンケアと併用して、ビタミンC誘導体・アスタキサンチンなどの抗酸化成分が配合された基礎化粧品を取り入れて、肌の細胞をしっかり守るように心がけていきましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他