【掻いたり叩くのは絶対にNG!!】敏感肌のかゆみ対処法

敏感肌のかゆみ対処法

敏感肌の悩みのひとつに、かゆみがあります。普段はなんともないけれど、冬になるとかゆくなるという人も多いのではないでしょうか?

かゆみは何故起きるのか?その原因を探ることから、対処法を見つけていきましょう!

かゆみの原因は「乾燥」

敏感肌の場合、かゆみの原因の多くは乾燥によるものです。

特に空気が乾燥する冬は、肌の水分も失われがち。冬は皮脂分泌量がそのものが減少するため、肌の水分を守っている皮脂膜の働きも弱まり、乾燥しやすい肌状態になっているのです。

さらに、乾燥は肌のバリア機能を低下させるので、肌は外部からの刺激にとても敏感になります。ホコリや冷たい風、自分の髪の毛が触れただけでもかゆくなり、普段使っている化粧品にも反応してかゆみを感じたりするのです。

また、洗い過ぎによる皮脂膜の減少も、バリア機能の低下につながります。清潔を保つために肌を洗うことは大切ですが、ゴシゴシとこすったり、洗浄力の強いクレンジングや洗顔フォームの使用により、必要以上に皮脂を落としてしまう可能性があります。

皮脂膜が薄くなった肌は水分を保持できなくなり、乾燥によるかゆみにつながります。

「掻く」と「叩く」は絶対NG!

乾燥によるかゆみが起きた時、一番してはいけないのが「掻く」ことです。肌を掻いてしまうと、表皮が荒れ、お肌の水分がどんどん失われていきます。乾燥が進むことでバリア機能はますます低下し、かゆみが更に増してしまうのです。

かゆみに対して「叩く」人も多いと思いますが、敏感肌を叩くのはNG!角質層に不要な刺激を与えるだけなのでやめましょう。

短時間であれば「冷やす」ことでかゆみを抑えられますが、あくまで一時的なもの。温かくなるとかえってかゆみが増し、逆効果になります。

毎日のスキンケアでかゆみ撃退

敏感肌のかゆみ対策には、外的刺激を減らすことと、保湿が一番大切です。毎日の生活に、簡単に取り入れられるケアをご紹介しましょう。

  • 加湿器の利用で、部屋の湿度をあげる。
  • 熱いお湯での洗顔や入浴を避ける。
  • 洗顔は優しくゆっくりと行う。
  • 合成界面活性剤不使用の石鹸や洗顔料を使う。
  • 洗顔・入浴後はすぐに保湿のためのスキンケアをする。

これらに加え、乾燥を防ぐビタミンAを多く含む、卵、ニンジン、海藻などを摂取し、体の内側からのケアも意識してみましょう!

肌のバリア機能を高めてくれるセラミドが配合されたスキンケアも有効です。セラミドは、角質細胞のすき間を埋める細胞間脂質の主要成分で、肌のバリア機能を高める成分として注目を集めています。ただし、肌が敏感になっている状態でのスキンケアには十分注意をしてください。

不快なかゆみを解消するために、肌に負担をかけないスキンケアを意識してみましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他