肌に栄養を与えてパワーUP!敏感肌に「酵母」が効く理由

敏感肌と酵母

化粧品や健康食品に配合されていて、最近目にすることの多い「酵母」。実はこの酵母というのはもともと私達になじみの深いものなのです。

酵母というのは微生物の一種で、古くから食べ物を発酵させるのに使われてきました。例えば味噌、醤油、日本酒、ワイン、チーズなどの発酵食品は、みな酵母の働きによって作られているんですよ。

酵母は食べ物をおいしくするだけでなく、私達の身体や肌にも様々な良い効果をもたらしてくれるます。どんな効果があるのか、酵母の美肌効果を詳しく見てみましょう!

酵母ってどんなもの?

酵母はカビ・キノコの胞子の仲間で、自然界の樹液、花蜜、果実に多く存在します。また、自然界だけではなく動物や人間の体内にもいる微生物です。

酵母は食べ物に含まれる糖分をアルコールと炭酸ガスに分解しながら成長します。この過程を「発酵」と呼び、酵母の発酵作用を利用することで、お酒や味噌、パンなどが作られています。

化粧品に酵母が配合される理由

酵母には、さまざまな美容効果があり、化粧品にも多く配合されています。酵母に含まれるアミノ酸は、角質層に含まれるNMF(天然保湿因子)ととてもよく似た作用を持っています。そのため、酵母によって角質層がしっかりとうるおい、肌のバリア機能が高まるのです。

また、酵母は疲れた肌に栄養を与えて元気にする働きや、炎症を抑える作用もあるので、敏感に傾いた肌を健やか肌に導いてくれます。さらに、酵母は天然成分なので、デリケートな肌にも優しく、安心して使えるメリットもあります。

酵母食品を食べても肌に効果があります

酵母を食品として体内にとりこむことも、敏感肌の改善につながります。酵母を摂取すると、腸内の善玉菌が酵母をエサにして元気になり、腸内環境を良くしてくれます。

腸内環境が良くなると、食べた物の栄養の吸収が良くなるので、身体全体に栄養がしっかり行きわたり、肌の細胞が元気になったり体の免疫力が高まるのです。

免疫力が高まると、肌の炎症の原因になる悪玉菌や雑菌をやっつけることができるので、敏感肌の炎症が起こりにくくなります。また、自然に炎症を治す力も高まるので、敏感肌に起こった炎症が治りやすくなります。

肌の内側と内側から酵母のパワーで肌の機能を高めましょう

敏感肌の方は、酵母を含む食品を食生活に取り入れたり、酵母を配合した化粧品で肌の機能を高めていく事で、敏感肌の改善につながります。

酵母エキスを配合した化粧品はさまざまなメーカーから販売されていますので、トライアルセットなどを試してみて、自分の肌に合うものを探してみるのもいいかもしれませんね。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他