大人の女性のツライ悩み・・・更年期と敏感肌って関係あるの??

敏感肌と更年期

女性の肌は、加齢によって影響を受けることが多々あります。特に更年期には、女性ホルモンのバランスの変化によって肌質が変わったり、肌トラブルが起こりやすくなってしまうことも少なくありません。更年期が肌に与える影響とは一体どんなものなのでしょう?

更年期とは

更年期というのは、卵巣の機能が完全にストップする閉経までの前後約10年間くらいのことで、日本人女性の多くは、45才から55才くらいの時期に更年期を迎えるといわれています。

卵巣の働きが低下し始めると、女性ホルモンが急激に減少。自律神経のバランスが乱れ、心身にさまざまな不調を引き起こします。更年期に自律神経のバランスが乱れて起こる心身の不調を「更年期障害」といいます。

更年期障害は多くの女性にみられますが、更年期障害がなくこの時期を明るく乗り越える人もいれば、症状が重いために辛い思いをする人もいるなど個人差があります。閉経するとホルモンバランスが安定してくるので更年期障害は自然になくなります。

更年期の症状

更年期には、さまざまな症状がみられます。女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」が減ることで、血行不良や新陳代謝の低下が起こります。その影響で肩こり、のぼせ、動悸、イライラ、不眠といった症状が起き、肌にも変化がみられるようになります。

エストロゲンには、肌の潤いを保つ作用があるため、エストロゲンが減る更年期には肌が乾燥しやすくなります。また、新陳代謝が低下するため、肌のバリア機能が低下してしまいます。

肌の乾燥やバリア機能の低下は敏感肌の原因に。そのため、更年期になると肌のカサつきやかぶれ、ヒリヒリなどの肌トラブルが起こりやすくなるんです!

更年期の敏感肌対策~スキンケア~

更年期の肌は乾燥しやすいので、しっかりと保湿することを心がけましょう。保湿力が高く、肌に低刺激な化粧品を選びます。

また、バリア機能が低下している状態での紫外線は、お肌の天敵!!紫外線を浴びてしまうと、シワやたるみ、シミといった肌の老化を引き起こします。更年期に入ったら、より入念な紫外線ケアを心がけましょう!

洗濯物を干したり、室内の窓際にいるだけでも紫外線を浴びてしまうので、日ごろから紫外線対策を怠らないようにしたいですね!

更年期の敏感肌対策~体の内側から~

更年期は、体の内側から肌と体の調子を整えてあげることも大切です。規則正しい生活と、栄養バランスのとれた食事、十分な睡眠を心がけます。何かと悩みやストレスの多い世代ですが、ストレスを発散させる方法を見つけることも更年期障害を軽くします。

血行を促進させるビタミンE、エストロゲンに似たはたらきをするイソフラボンを意識してとるようにするのも肌の調子を整えるのに効果的ですよ!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他