ホルモンの変化で肌がデリケートに!妊娠中の敏感肌ケア

妊娠中の敏感肌ケア

妊娠すると、女性の体にはさまざまな体調の変化が起こります。これは、出産に向けてお腹の中の赤ちゃんを育てるために、女性ホルモンのバランスが変化しているためです。

ホルモンの影響によって肌質が変わったり、敏感肌に変わってしまうという妊婦さんは多いものです。敏感肌のトラブルに悩まされることがあっても、これは妊娠中の一時的な症状なので前向きにとらえるようにしてくださいね!

妊娠中にはなぜ敏感肌に変わりやすいの?

妊娠中になぜ敏感肌に変わる女性が多いのでしょうか?女性の体ではエストロゲン、プロゲステロンという女性ホルモンがバランスを保ちながら分泌されており、生理や妊娠・出産に作用しています。

これらの女性ホルモンは、妊娠によって急激に分泌量が変化します。もともと女性ホルモンには、肌の機能を健やかに保ったり皮脂を分泌させる作用がありますが、妊娠によってホルモンバランスが変化するため、肌の調子もそれまでと変わりやすくなってしまうのです。

そのため妊娠中は、肌が乾燥しやすくなったり、肌の内部の水分と油分のバランスが悪くなって、肌のバリア機能が低下するといったことが起こりがちです。

肌にどんなトラブルが起こりやすいの?

妊娠中に敏感肌になってしまうと、それまでなんともなかった刺激に肌が反応しやすくなり、化粧品が合わなくなったり、湿疹が出やすくなるなどのトラブルが起こってきます。

また顔だけでなく、お腹や手足なども乾燥したり過敏になり、かさつき、かゆみ、衣類によるチクチクした刺激などを感じるようにもなります。もともと敏感肌だった人やアトピー性皮膚炎だった人が妊娠すると症状がひどくなることも。

さらに、妊娠中に一番気を付けなければいけないのが「妊娠線」。妊娠線とは、お腹が大きくなる妊娠4ヶ月あたりから出始める赤紫色の線状斑のこと。

お腹が大きくなると、当然皮膚も急激に伸ばされるのですが、表皮は柔軟性があるのに対して、真皮や皮下組織の一部は伸びにくいため、このような肌トラブルが起こります。乾燥肌や肌が弱い方ほど出来やすい傾向にあるので、きちんと妊娠線ケアすることが大切です。

妊娠線は、一年くらいで赤紫色から白色に変化して目立たなくなりますが、一度出来てしまうと完全に消えることはないので注意しましょう!

妊娠中の敏感肌の対策法

妊娠中の体調には個人差がありますので肌の調子が悪くなる人もいれば、あまり変わらない人、逆に調子が良くなる人もいるようです。人それぞれの肌質の状態が異なりますのでまずは自分の肌の状態にあったスキンケアをとるように心がけてください。

妊娠して肌質に変化を感じたら、それまでの化粧品よりもマイルドなタイプに切り替えるのがオススメ!妊娠中の肌はデリケートなので肌に刺激の少ない化粧品を選びましょう。

マッサージやピーリングなどの刺激のあるスペシャルケアは、肌が敏感な妊娠中は避けたほうが良いでしょう。

また、新陳代謝が活発になっているので肌を清潔にするように心がけ、しっかり保湿しておきましょう。顔だけでなくお腹や全身にきちんと保湿ケアをすることで、妊娠線の予防にもなります。

また、肌のケアに加えて体調を安定させることも大切。睡眠をしっかりとって栄養バランスの良い食事を心がけるようにしてくださいね!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他