ママって大変!産後のツライ敏感肌ってどうやって乗り切るの??

出産後の敏感肌ケア

妊娠・出産は、女性にとって人生の中でも大きな仕事のひとつ。しかし、母親になる喜びを得ることができる反面、体には大きな負担がかかっています。

特に、産後の間もない女性は、分娩の大きなストレスのほか、ホルモンバランスの変化、育児の忙しさから体調を崩しやすくなり、肌にトラブルが出やすい時期でもあります。

産後はホルモンのバランスが急激に変化

産後の体調が崩れやすい大きな理由に、女性ホルモンのバランスの変化があります。妊娠中には女性ホルモンなど妊娠・出産に作用するホルモンの分泌が増えます。

そしてこれらのホルモン分泌量は妊娠後期~分娩時をピークに急増し、分娩が済むと一気に激減します。

それぞれの女性ホルモンには女性の体や肌をすこやかに保つ作用があるため、産後にホルモン分泌量が急激に変化すると、体調や肌にさまざまな変化をもたらすのです。

産後に体調が崩れて辛い思いをする人もいるかもしれません。ただしこれは誰にでも起こる自然な現象で心配し過ぎる必要はありません。

しばらくするとホルモンのバランスが元に戻って体調や肌の調子も改善されるようになってきます。

産後の敏感肌の原因

産後の時期に、敏感肌に悩む女性は少なくありません。それまでトラブルを感じなかった女性が、産後に肌質が変わるという場合もあります。

産後は、女性ホルモンのバランスが大きく崩れるため、肌のバリア機能が大幅に低下。肌が乾燥したり過敏になって赤みやかゆみ、ブツブツなどの肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

また、産後は分娩の疲労が回復しないうちに育児が始まります。体が本調子でない上に休みなく赤ちゃんのお世話をしなければならず、心身の疲労が濃くなる時です。そのためストレスから体調や肌の機能が悪くなってしまいがち・・・。

産後の敏感肌の対策法

産後のホルモンバランスの変化は一時的なもので、数か月経つと平常時の状態に必ず戻ります。産後の不調はいつまでも続くものではないと前向きにとらえるようにしてくださいね。

忙しい育児の中なかなか時間が無いかもしれませんが、最低限のスキンケアは怠らないように心がけます。シンプルでワンステップで済むようなオールインワン化粧品を選ぶと時間がなくてもスキンケアができます。肌は敏感になっているので肌にやさしい化粧品を選ぶようにしましょう。

また、体調を整えることも大切です。育児は無理をし過ぎないでリラックスする時間も持ちましょう。肌の機能を高めるためにはビタミンA、B群、C、Eを意識して、バランスの良い食事を摂るように心がけましょう。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他