生理前や生理中は肌がさらに過敏に?敏感肌と生理の関係性

敏感肌と生理

多くの女性を悩ます『生理』。敏感肌さんの場合、体だけでなく、肌の調子も悪くなることがあり、なんだか憂鬱になりますよね。

実際に敏感肌である私の場合は、生理前になると、顔中に吹き出物がたくさんできてしまいます…。

生理によって、肌の調子は悪くなるのは、一体なぜなのでしょう?また、肌の調子を悪化させないためには、どうすればいいのでしょうか?

生理を操る『女性ホルモン』

まずは、生理前や生理中の、肌荒れの原因を知りましょう。

生理は『女性ホルモン』によってコントロールされています。中でも、『卵胞ホルモン(エストロゲン)』と『黄体ホルモン(プロゲステロン)』は代表的な女性ホルモンです。

卵胞ホルモンは、排卵を促進させるホルモンで、肌や髪を美しくする作用があります。黄体ホルモンは、受精卵の着床を促す役割があり、皮脂の分泌も活性化させます。

これら2つのホルモンは、生理周期によって、量が異なります。それが肌荒れの原因です。

生理周期と肌荒れ

月経期・卵胞期・排卵期・黄体期の4期に分けられる生理周期。この生理周期と卵胞ホルモン・黄体ホルモンの関係ついて、分かりやすくまとめてみました。

月経期(生理始まり~生理終わり)
肌を美しく整える『卵胞ホルモン』と皮脂の分泌を活性化させる『黄体ホルモン』の量が、どちらも少なくなります。肌がカサカサと乾燥し、肌荒れも多くなる時期です。
卵胞期(生理終わり~排卵日)
卵胞ホルモンの量が増加。そのため、肌の調子がよくなります。
排卵期(排卵日~生理一週間前)
肌の調子が安定しているように感じる時期。しかし、少しずつ卵胞ホルモンの量が減り、逆に黄体ホルモンの量が増えます。そのため、皮脂の量が若干気になる人もいるようです。
黄体期(生理一週間前~生理始まり)
黄体ホルモンの量がピークになり、皮脂が過剰に分泌されます。皮脂の過剰分泌により、毛穴が詰まってしまい、脂っぽい吹き出物ができやすくなります。黄体ホルモンの影響で、メラニン色素の生成も盛んになり、紫外線によるシミ・赤みなどの肌荒れを起こしやすくなります

このように、生理周期によって、肌の状態は変化します。とくに気をつけたいのが、月経期と黄体期。敏感肌の肌がさらに過敏になっているため、肌荒れが起きやすい状態です。

月経期(生理中)の肌ケア

生理中は、心身ともに疲れている状態です。リラックスする時間や、睡眠時間を増やし、体をいたわりましょう。肌の状態も悪くなりやすので、この時期のケアはとくに気を使いましょう。

月経期の肌ケア
  • 肌に刺激を与えるケアは避ける
  • …月経期の肌は刺激にとても弱いです。肌に刺激を与える顔そりやピーリング、毛穴パックなどの使用は控えましょう。

  • 冷やさない
  • …月経期でなくても、体の冷やし過ぎはよくありませんが、月経期はとくに注意。体の冷えは血行を悪くするため、顔のくすみや生理痛を悪化させる原因となります。冷たい飲み物や食べ物はできるだけ避けましょう。

  • きちんと保湿
  • …肌が乾燥しやすい月経期。化粧品で肌に潤いを与えましょう。敏感肌さんの場合は、化粧品の成分によって肌荒れを起こすことがあるため、生理に備え、前々から自分の肌に合う保湿化粧品を見つけておいてもいいかもしれません。市販のものを買うのであれば、低刺激で、なるべくシンプルな保湿化粧品を買いましょう。(敏感肌さんが避けるべき成分を別ページ『避けたい成分』にまとめています。参考にしてみてください♪)

月経期はとにかく『休む』時期。自分自身を大切にしましょう!

黄体期(生理前)の肌ケア

卵胞ホルモンの量が少なく、黄体ホルモンの量が多いこの時期は、自律神経が乱れます。そのため、精神的にも不安定な状態になります…。ストレスを上手く発散し、できるだけ溜めないようにしましょう。肌荒れも起こりやすくなります。以下のケアで、肌荒れ予防に努めましょう!

黄体期の肌ケア
  • しっかりと紫外線対策を
  • …黄体期は紫外線の影響が大です。紫外線対策はいつもよりも入念に行いましょう。

  • アルコールは控える
  • …黄体期は『むくみ』が気になる時期です。これは女性の体が妊娠しやすくなるように、栄養と水分を溜めるためです。この時期にアルコールを多く摂ると、アルコールを分解するために、体がさらに水分を溜めます。そのため、体や顔のむくみがさらに悪化します。

  • 脂っぽい・甘いものは避ける
  • …脂っぽいもの・甘いものを食べ過ぎると、体内のビタミンB郡が不足してしまいます。ビタミンB郡が不足すると、皮脂の分泌が過剰になります。そのため、皮脂で毛穴が詰まりやすくなり、吹き出物ができやすくなります。

  • 普段のスキンケアをする
  • …皮脂の分泌が盛んなため、普段のスキンケアよりも、サッパリとしたスキンケアを使う人がいますが、これは肌に悪影響です。サッパリ目の化粧品で、一時的に肌の表面は調子よく見えるかもしれません。しかし、肌の内部は乾燥してしまうので、肌荒れをさらに悪化させ、新たな肌荒れを引き起こします。

生理前の肌の状態を知り、肌荒れを起こしにくいよう工夫しましょう!

生理に負けない肌づくり

普段から生理に負けないような、強い肌づくりをすることも大切です。強く健康的な肌は、生理による肌の影響を受けにくく、いつでもキレイな状態を保つことができます。

強く美しい肌を作るために効果的なのが『栄養バランスのとれた食事』をとること。とくに『ビタミンB6』は、強い肌づくりには欠かせない栄養素です。

ビタミンB6とは…

ビタミンB6は、体を作る際に必要なタンパク質の代謝を支え、新陳代謝をよくします。そのため、肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)も正常に行われるようになり、生理にも負けない強い肌をつくります。

他にも、ビタミンB6には嬉しい効果があります。

例えば、

  • 神経機能を整える役割があり、ストレスが軽減される
  • 皮脂の過剰な分泌を抑える
  • 免疫力を高める  などです。

食事からビタミンB6を摂取するのであれば、マグロ・カツオ・鶏レバーやバナナがオススメです。

「ビタミンB6を摂るために、日頃の食事に気を使うのはちょっと面倒…」

そう思う人は、サプリメントで摂取してみては…?毎日決まった量を飲むだけで、目的の成分を摂れるので、とても楽です。

生理と肌荒れ(まとめ)

私たちの肌状態と深く関わっている生理。生理前や生理中の肌荒れは、多くの人が体験していることでしょう。

しかし、生理周期と肌の状態をきちんと把握し、上手く付き合うことができれば、生理前・生理中の肌荒れには悩まされなくなります。いつでもキレイな肌を手に入れ、楽しく毎日を過ごしましょう♪

敏感肌さんにオススメのサプリはこれ♪

女性のミカタ

女性のミカタ

美肌に効果的なビタミンB郡を豊富に配合。もちろん、先ほどオススメしたビタミンB6も含まれています。このサプリは『すこやか編』と『やすらぎ編』の2タイプあり、悩みによって使い分けることができます。

すこやか編には、肌荒れ改善に効果的なハーブ『チェストツリー』が、やすらぎ編には、生理痛をやわらげる『月見草オイル』が含まれています。

詳しくはこちら

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他