シワなどの肌老化対策ってどうするの?敏感肌のエイジングケア

敏感肌のエイジングケア

私達の身体は、18歳くらいをピークに成長が止まり、それ以降は老化が始まります。18歳なんて早い!と思われるかもしれませんが、20代で多くの人が身体や肌に何らかの老化を感じているそうです。

そして30代、40代になると誰もが切実に身体や肌のの老化に悩むようになってきますよね。

その中でも、敏感肌は特に老化が進みやすいと言われています。なぜ敏感肌は老化しやすいのか?気になる敏感肌のエイジングケアなどについてまとめてみました。

なぜ肌の老化が起こるの?

年齢を重ねると共に、全身の機能が少しずつ低下するのが老化現象です。老化によって肌の新陳代謝も低下していきます。

また、肌の弾力を保つコラーゲンや、肌のバリア機能を高めるセラミドなどの成分も減っていくため、シワやたるみなどの肌老化が現れます。若い時から紫外線を浴び続けることも、シミやシワの大きな原因になっています。

敏感肌は老化しやすいんです!

さらに、乾燥肌・敏感肌の方は、健康な肌の方よりも老化が早い傾向が・・・。これは、肌の水分と油分のバランスが不安定になっているため、ターンオーバーや肌のバリア機能が低下してしまい、紫外線によるダメージを強く受けてしまいやすいためです。

紫外線は、肌のコラーゲンを変性させて、肌のたるみやシワを引き起こします。またメラニン色素を沈着させて、くすみ・シミ・そばかすを増やします。さらに紫外線は、肌のバリア機能を壊してしまうものなので、敏感肌がひどくなるという悪循環も引き起こします。

実際に乾燥肌、敏感肌の人は実年齢よりも年齢が上に見えがちになることが多いようです。しかし、ガッカリすることはありません!!エイジングケアで肌の機能を高めれば良いのです。

エイジングケアの特徴

エイジングケアは、通常のスキンケアと何が違うのでしょうか?通常のスキンケアは、肌を健やかに保つ目的で作られているのに対し、エイジングケア用のコスメは老化を予防したり、衰えた機能を取り戻す目的もプラスされています。

肌の弾力を保つコラーゲン、エラスチン、保湿力を高めるヒアルロン酸、セラミド、肌の機能を高めるレチノール、ビタミンCなどが配合されることが多いようです。

敏感肌でも使えるの?

ちょっとした刺激にも反応しやすい敏感肌は、スキンケア選びにおいて何かと制限がありますよね。でも、敏感肌だからエイジングケアは諦めないといけないかといえば、そうではありません。

メーカーによっては、敏感肌専用コスメからもエイジングケア用のラインが展開されているので、パッチテストをした上で使ってみるのも良いでしょう。

最近では、敏感肌専用のコスメラインを展開しているメーカーも増えているので、色々試して自分の肌に合うものを探しましょう。

敏感肌のエイジングケアで気をつけたいこと

アンチエイジング成分にも期待したいのですが、まずは敏感肌の基本的なスキンケアをしっかり行うことが大切です。保湿力の高いコスメで肌を十分に潤して、バリア機能を高めること、紫外線対策をしっかり行うことが肌の老化を防ぐために大切です。

また、肌の外からアンチエイジング成分を導入するだけでなく、食事の際は良質のたんぱく質、ビタミン、ミネラルをしっかり摂取し、肌本来の機能を高めることをオススメします!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他