あなたはどのタイプの敏感肌?【肌質別】基礎化粧品の選び方

敏感肌の基礎化粧品(タイプ別)

敏感肌は、肌質により「脂性敏感肌」、「混合性敏感肌」、「乾燥性敏感肌」に分けられます。

これらは、肌質がそれぞれ異なっていますが、どれも敏感肌に傾きやすい要素をもっています。それぞれの肌質の特徴やスキンケア法をチェックしてみましょう!

脂性肌&混合肌タイプの敏感肌

脂性肌は、皮脂の分泌が活発なタイプの肌質です。顔全体がベタついたり、ニキビが出やすいなどの悩みがあります。混合肌というのはTゾーン(おでこ~鼻)など顔の一部分は皮脂の分泌が活発でベタベタするのに、それ以外の場所は乾燥してカサつくタイプです。

皮脂の分泌が多くても、肌の水分が不足していると角質層を十分にうるおいで満たすことができなくなり、肌のバリア機能が低下して敏感肌に傾いてしまいます。脂性肌や混合肌は、肌表面がベタついているために保湿ケアがおろそかになる場合も多いのです。

さらに混合肌の場合、肌が乾燥している部分は、肌が自ら皮脂を分泌してうるおそうとするため、水分は不足しているのに皮脂の分泌だけは過剰になってしまいます。そのため、皮脂が刺激となって炎症を引き起こすようにもなります。

脂性肌&混合肌タイプのスキンケア法

肌がベタついていると、ニキビや化粧崩れが起こりやすいので、洗顔をこまめにして皮脂を取り除きたくなりますよね。ですが、洗顔のやり過ぎは皮脂を奪い過ぎて、逆に乾燥を引き起こすことになります。

脂性肌、混合肌の場合は適度に丁寧な洗顔をして肌を清潔に保ち、十分に保湿をすることが重要です。混合肌の場合は、乾燥の気になる部分は化粧水を重ね付けをするなどして、重点的に保湿を行います。

乾燥肌タイプの敏感肌

乾燥肌は、肌の水分と油分が不足している肌質のことです。乾燥が進むと角質層を十分に満たすことができなくなり、隙間ができるようになります。その隙間から外的刺激が入り込み、炎症を起こてしまうのが敏感肌です。

多くの敏感肌にみられるのが、乾燥肌から進んだ「乾燥性敏感肌」です。また、敏感肌になると肌のバリア機能の低下により、肌内部の水分が蒸発しやすくなってしまうため、ますます乾燥が進みやすくなる悪循環に陥ります。

乾燥肌タイプのスキンケア法

肌の水分と油分が不足しているので、保湿化粧品で肌に水分と油分を十分に与えます。高い保湿効果をもつ、ヒアルロン酸やコラーゲン配合の化粧品がオススメです。

また、肌のバリア機能を高めるためにはセラミドを補うのが効果的です。セラミドは、角質層の細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質の主成分。セラミドを十分に補うことで肌の水分の蒸発を防ぎ、外的刺激に負けない強い肌を生み出します。

敏感肌専用化粧品には、セラミド配合のものが多く売られているので、それらの中から自分の肌に合ったものを探してみましょう!優しい洗顔や空気の乾燥などにも気を付け、肌が乾燥しないように工夫することも大切です。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他