敏感肌に輝く白さを。美白化粧品の『正しい知識と選び方』

敏感肌の美白

白く美しい肌』はみんなの憧れ。敏感肌さんにとっても、それは同じです。

しかし、多くの美白化粧品には、敏感肌さんにとって強すぎる成分が配合されています。その成分が肌に大きなダメージを与え、結果として、ひどい肌荒れを起こすことも…。

「敏感肌は美白ができないの?」

そんなことはありません。美白化粧品に対する『正しい知識と選び方』を知っていれば、敏感肌さんでも安心して美白ができます♪

美白化粧品と肌荒れの症状

まずは美白化粧品による、主な肌荒れの症状をみてみましょう。

主な肌荒れの症状
  • 吹き出物ができる
  • かぶれる
  • ほてりや赤みが出る
  • ヒリヒリと痛む
  • 余計に肌が乾燥する

私(敏感肌)は以前、市販の美白化粧品を使い、大量の吹き出物ができてしまいました…。

敏感肌の大敵『ハイドロキノン』

多くの美白化粧品に配合されている『ハイドロキノン』。敏感肌さんの場合は、このハイドロキノンが、肌荒れを起こす大きな原因です。

ハイドロキノンとは

かつて、写真の現像時に使用されていたハイドロキノンは、劇薬として取り扱われていました。現在は、肌を傷めないよう濃度を薄めることで、化粧品への配合が可能になりました。

ハイドロキノンは、肌を黒くする原因である『メラニン』の生成を抑えることができ、普通肌さんにとっては、とても有効な美白成分です。

しかし、肌の弱い敏感肌さんにとって、このハイドロキノンは大敵です。肌に強い刺激を与え、肌荒れを起こします…。

どうすればいいの? 敏感肌の美白

ハイドロキノン配合の美白化粧品ではなく、『アルブチン配合』の美白化粧品を選びましょう♪

アルブチンとは

美白効果絶大なハイドロキノンを改良したのが『アルブチン』です。アルブチンも、肌を黒くする成分『メラニン』の生成を抑えます。きちんとした美白効果があり、肌にやさしく安全性も高いので、厚生労働省からの許可がおりています。

アルブチンは、美白をしたい敏感肌さんにとって、強い味方です♪

敏感肌も使える美白化粧品

美白化粧品を選ぶときは、次の2点にも気を使いましょう。

  1. 外部刺激から肌を守る成分・技術が使われている
  2. バリア機能(角質層)が弱っている敏感肌さんは、紫外線などの外部刺激を受けやすく、シミができやすい状態です。外部刺激を受けにくくするため、バリア機能の代わりとなる成分や技術が使われていればベスト。

  3. 『セラミド』を配合している
  4. セラミドは、人間の角質層に、もともと存在している保湿成分です。しかし、肌が乾燥すると、セラミドは肌の外に流出します。結果として、角質層は潤いを失い、もろく弱くなります。そのため、失ったセラミドを化粧品で取り戻すことは、とても大切です。

肌にあった美白化粧品で、誰もが憧れる白さを手に入れましょう♪

敏感肌さんにオススメの美白化粧品はこれ♪

敏感肌用美白化粧品 ディセンシアサエル

敏感肌用美白化粧品 ディセンシアサエル

敏感肌専門ブランド・decencia(ディセンシア)の美白ケアシリーズ『サエル』。美容液には、肌への浸透力が高いセラミド『セラミドナノスフィア』と、アルブチンが配合されています。

さらに保湿クリームには、セラミドナノスフィアと、肌を外部刺激から守る特許技術『ヴァイタサイクルヴェール』が使われています。

「やさしくて、きちんと効果のある美白ケアがしたい。」そう思う敏感肌さんに、ピッタリな化粧品です♪

詳しくはこちら

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他