敏感肌だって気になる!話題の最新美容成分を徹底究明!

敏感肌と最新美容成分

メーカーの研究によって、新しい美容成分が日々開発されています。最新美容成分が登場するたびに興味が湧きますが、敏感肌の場合、「どんな成分?敏感肌でも使える?」という不安もつきまといますよね?

そこで、敏感肌が気になる最新美容成分について詳しく紹介してみたいと思います。

高い保水力のプロテオグリカン

サケの鼻軟骨などの動物の皮膚や、軟骨から抽出される「プロテオグリカン」は、ヒアルロン酸よりも保水効果が高いとして大いに注目されています。

プロテオグリカンは、糖とたんぱく質が結合した「糖タンパク」の一種で、私達の皮膚や軟骨にも存在する成分です。

プロテオグリカンには、「肌を保湿する効果」と「肌の細胞再生を促進する効果」があるといわれており、乾燥しがちな敏感肌の保水力を高め、イキイキとした健やかな肌を生み出します。

また、元々人体に含まれる成分なので、敏感肌でも安心して使える成分とされています。

アンチエイジングに即効性のあるフィフロー

「フィフロー」は、アンチエイジングに効果があるとして注目されている成分です。肌に浸透させると、皮膚内の酸素を取りこんで肌を内側から押し上げ、シワやたるみを目立たなくします。

つけて90秒で効果が出る即効性と、使い続けることでシワが改善されていくとされるところがメリットです。

角質層をふっくらと整えるので、肌のバリア機能を高める効果も期待されます。敏感肌用のエイジングケア化粧品に配合されることもあり、敏感肌でも安心して使えそうです。

肌のバリア機能を強化するメビヴェール

「メビヴェール」は美容皮膚科学会で発表された最新美容成分です。肌に塗ると、人工皮膜のように角質層の表面を瞬時にコーティングし、肌のバリア機能を高める作用があります。

肌のバリア機能が高まることによって、外部からの刺激をブロックし、肌内部の水分が蒸発するのを防いでくれます。最近では、敏感肌用化粧品に配合されることもあり、デリケートな肌を保護する成分として安心して使えるようです。

N-アセチルグルコサミン

天然型グルコサミンとも呼ばれるN-アセチルグルコサミンは、私達の関節に含まれることで知られています。保湿成分ヒアルロン酸の生成を促す作用があり、肌を保湿して乾燥を改善する効果が期待されます。

肌が乾燥しがちな敏感肌の保水力を底上げし、健康でみずみずしい肌を生み出します。化粧品などでの皮膚への塗布はもちろん、サプリメントなどでの摂取でも高い肌効果が見込まれます。

肌に合わない場合は無理に続けないで!

敏感肌でも問題ないとされる成分でも、人によっては肌に合わない場合ももちろんあります。肌状態が悪化したり、新たな肌トラブルが発生した場合は、ただちに使用を中止し、皮膚科で適切な治療を受けるようにしましょう!

最初に使用する際に、パッチテストを実施すると安心です。最新の美容成分をうまく活用して、敏感肌の改善や健康的な美肌へ繋げていきたいですね!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他