敏感肌の強い味方!バリア機能を徹底強化する「セラミド」とは?

敏感肌はセラミドで良くなる?

「セラミド」は、敏感肌のスキンケアに欠かせない成分としてよく知られています。セラミドは、もともと私達の肌に存在する成分で、セラミドが不足すると乾燥肌や敏感肌の原因になってしまうことも・・。

また、アトピー性皮膚炎の方の肌は、セラミドが著しく不足していることも分かっています。敏感肌やアトピー性皮膚炎に大きく関わっているセラミドについて、詳しく調べてみました。

セラミドってどんな成分?

セラミドとは具体的にどんな成分なのでしょうか?

セラミドは脂質(油)の一種で、細胞と細胞のすき間を埋める「細胞間脂質」として肌に多く存在している成分です。油なのに水分となじみやすい性質があり、水分を蓄える効果に優れているのが特徴です。

またセラミドは、肌のターンオーバーによって私たちの肌内で作られたあと、角質層に放出され、細胞同士をくっつけます。この働きによって角質層のすき間が埋められ、肌のバリア機能が高められるのです。

「セラミドが十分に足りている肌」は、「刺激に負けない強い肌」ということですね!

セラミドのはたらき

セラミドには、肌を守るための様々な働きがあります。

バリア機能を高めることによって、外部からの刺激(紫外線、雑菌、ほこり、アレルゲンなど)が肌内部に侵入しないようし、肌に炎症が起こるのを防ぎます。また、シミやそばかすを防ぐ、美白効果もあります。

セラミド自体は蒸発することがなく、高い保湿力があるので、乾燥した空気から肌を守ります。角質層にすき間がなければ肌内部の水分が逃げていくこともありません。

敏感肌にセラミドが必要な理由

ただしセラミドは、ターンオーバーの低下や加齢が原因で、合成できる量が減ってしまいます。セラミドが不足してしまうと角質層にすき間ができやすくなり、この状態が進むことで敏感肌に傾いてしまいます。

また、角質層にすき間ができて乾燥が進む→刺激を受けやすくなる→炎症を繰り返す、といった悪循環に陥りやすくなります。

ですが、角質層のすき間は、セラミドを外部からしっかり補っていけば改善されていきます。敏感肌の中でも、肌のバリア機能が大きく低下している方やアトピー性皮膚炎の方は、特にセラミドを意識して補ったほうが良いでしょう。

セラミド入り化粧品を選ぶ時の注意

敏感肌の方がセラミド入り化粧品を選ぶ時には、パッケージの表記や配合成分に十分注意してください。

中には、「セラミド様成分」「セラミド機能成分」といった、セラミドではないけれど、セラミドの機能を高める目的の成分やセラミドに似た働きをする成分が存在します。

セラミドより保湿効果が低くなるので、敏感肌の方にはおすすめしません。「セラミド」ときちんと表記されている化粧品を選ぶようにしましょう!

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他