メイク女子の必需品はどう選ぶ?敏感肌にオススメのクレンジング

注意して選びたい敏感肌のクレンジング

クレンジングはメイクを落とすために欠かせないアイテム。メイクや日焼け止めに含まれる油分や皮脂汚れは、通常の洗顔石鹸では落とせないので、洗浄力の強いクレンジングが必要です。

クレンジングには、肌から油性成分を浮かして落とすための合成界面活性剤が多く含まれています。そのため、肌に必要な分の皮脂まで洗い流してしまい、肌のバリア機能を低下させます。

しかし、メイクや汚れ自体は肌に負担をかけるものなので、毎日しっかりと洗い落とさなければなりません。敏感肌さんは、極力肌に負担をかけないクレンジングを選ぶ必要があります。

クレンジングのタイプ

クレンジングにはさまざまなタイプがあります。メイクの濃さや肌質によって適したものを選びましょう。

オイルタイプ
ハードなメイク向き。合成界面活性剤や油分が多く配合され洗浄力が高い。
クリーム・乳化ジェルタイプ
油分が多いので乾燥肌向き。オイルタイプよりも肌に優しい。
ミルクタイプ
水分と油分を程よく含み、洗浄力も穏やか。
リキッド・透明ジェルタイプ
油分が少なくさっぱりしているので脂性肌向き。
拭き取り・シートタイプ
拭き取るだけなのですすぎが不要で手軽。肌を傷めやすく汚れが残りやすい。

敏感肌におすすめのクレンジングは?

敏感肌さんにおすすめのクレンジングは、洗浄力が強過ぎず、刺激が少なく、保湿性がある、クリーム・乳化ジェルタイプかミルクタイプがオススメです。

また敏感肌は、メイク自体が刺激になるので薄化粧しかしないという方も多いと思います。軽いメイクなら、クレンジングを使用しなくても、洗顔石鹸のみで落とすことが出来るので、肌を傷めることもありません。

アイメイクなどのポイントメイクは落ちにくく、ついゴシゴシと擦ってしまいがち・・。専用のリムーバーで、きちんと優しく落とすようにしてくださいね。

いずれにしても、敏感肌さんは合成界面活性剤が配合されていない、無添加のクレンジングや、敏感肌向けの低刺激なメイク落としを選ぶことをオススメします。

敏感肌が使ってはいけないクレンジングとは

敏感肌の方は、肌に負担のかかるオイルタイプは避けましょう。オイルタイプは、健康な肌にも負担をかけるほど刺激の強いクレンジングです。毎日使うのではなく、ハードなメイクをした時のみという使い分けが望ましいかもしれません。

また、拭き取り・シートタイプもおすすめできません。肌を強い力で擦ってしまい角質層を傷めてしまう上に、メイクが残りやすいので肌に良くありません。敏感肌さんは極力使用しないようにしましょう。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他