敏感肌に効きそう!?薬用化粧品・医薬部外品で肌悩み解消

敏感肌には医薬部外品がいい?

化粧品の成分に過敏に反応してしまう敏感肌は、肌に優しい化粧品を選びたいもの。化粧品を選ぶ時に気にするポイントのひとつに、「薬用」「医薬部外品」といった表記があります。

薬用や医薬部外品と表記されていると、普通の化粧品よりも肌のために良い気がしますが、それらと化粧品の違いは何なのでしょうか?

薬事法と医薬部外品

直接身体に使う製品は、薬事法によって「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」に分類されています。

医薬品
病気や怪我の治療に使うもの。医師の処方が必要。人体に作用する力が高い。
医薬部外品
病気の予防や健康の維持に使うもの。医薬品より効果が穏やか。有効成分を含む化粧品も含まれる。
化粧品
美容目的で使うもの。人体に作用する力は低い。

効能の強さは、医薬品>医薬部以外品>化粧品となり、医薬部外品は、医薬品と化粧品の中間的なもので、処方箋なしで誰でも購入できます。美容に使うものでは、薬用化粧品、医薬部外品化粧品と言う表記で市販されています。

医薬部外品は敏感肌に適している?

医薬部外品には、有効成分が含まれているので肌への効能が期待できます。医薬部外品といっても、メーカーや製品によって用途や配合される成分は異なっているので、その中から自分の肌に合った製品を選ぶ必要があります。

敏感肌には、「肌荒れを防ぐ」「炎症を抑える」といった効能をうたう医薬部外品の化粧品が適しているでしょう!

どんな有効成分がオススメ?

医薬部外品に配合される有効成分の中で、敏感肌の改善に効果が期待できるものを紹介します。覚えておくと化粧品を選ぶ時の参考にもなりますよ。

アラントイン
傷んだ皮膚を修復させたり、アレルギーを抑える効果がある。
D-パントテニルアルコール(プロビタミンB5)
傷んだ皮膚を修復させる。
グリチルリチン酸ジカリウム
皮膚の炎症を治す効果がある。
ニコチン酸アミド(ビタミンB3)
肌荒れを防ぐ効果がある。
トコフェロール酢酸エステル
血行を促進させたり肌荒れを防ぐ効果がある。

医薬部外品なら安心というわけではない

薬用化粧品・医薬部外品化粧品だからといって、敏感肌に100%安心とは言い切れません。有効成分が入るほど、人体に与える作用が強く出てくるため、敏感肌の場合には刺激になる可能性もあるからです。

敏感肌用に作られている医薬部外品は安全性が高いものですが、人によっては肌トラブルなどが起きることもあるので、パッチテストをしてから使うようにしましょう。

また、有効成分の中でも美白成分は敏感肌には刺激の強いものが多いので、美白系の医薬部外品は避けたほうが無難です。

このページのトップへ

▼おすすめ記事

比較・ランキング

口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他